「提案する」を英語で表現する言い方、ビジネスシーンから日常英会話まで

「提案」は、ビジネスには欠かせない要素です。しかしながら、「提案する」という意味の英単語がいくつもあるため、その使い分けに苦労する人もいるでしょう。 使う相手や場面に応じて、適切に提案できるよう、「提案する」を意味する英単語の使い分けについて学びましょう。 また、提案に対する返答についても一緒に覚えておくと便利です。

英語のビジネスシーンで使える「野球」関連イディオム

野球(baseball)はアメリカの国民的なスポーツ。生活文化にも深く浸透しており、ビジネスシーンでも野球に因んだ表現が慣用表現として用いられることがしばしばあります。 野球もビジネスも技術と駆け引きがモノをいう勝負の世界。通じるところは多いのかもしれません。 あくまでも口語的な比喩表現であり、多分にジャーゴン的な言い方でもあるので、かしこまった場面でことさらに使おうとはしない方が無難でしょう。

ビジネス英語で「担当者」を正しく表現する単語・フレーズ・表現集

ここがポイント 「担当者」を意味する代表的な英語表現は person in charge 、略して PIC ただし PIC には「責任者」のニュアンスを含む点に注意 単に対応窓口の人を指す意味なら personnel (職員)や staff(スタッフ)と表現してもよいかも メールではじめて連絡する際に使う「ご担当者さま」は To whom it may concern, が定番の表現 または Dear Sir or Madam, もよく使われる 「連絡窓口」の意味なら contact person が一般的 その担当者は何を担当しているのか、という観点で捉えると表現が見つかりやすくなるかも ビジネスシーンでよく使われる「担当者」という日本語に一番近い英語表現は person in charge でしょう。PIC という略記もよく用いられます。ただ、この表現が日本語の「担当者」にバッチリ適切に対応するわけではありません。場面に応じた使い方・使い分け方のコツを知っておきましょう。 日本語で用いられる「担当者」や「ご担当者さま」といった表現、これに対応する英語表現は、実際のところ、使用場面に応じて違います。 recruiter や recruitment officer のように接尾辞を付けて表現する言い方、あるいは、場面によっては単に staff と表現する言い方の方が、日本語の「担当者」に近い表現なのです。

英語で「教えてくれてありがとう」と伝える上手な言い方

ここがポイント Thank you for your explanations. 説明してくれてありがとう Thank you for the kind advice. 親切な助言をありがとう Thank you for the useful information. 有益な情報をありがとう Thank you very much for the notice. 気づかせてくれて本当にありがとう 英会話の実践練習の中で、分からないことが出てきたら、すかさず相手に質問しましょう。質問を会話ネタにして話を続けるのです。 「英語が分からない」初心者が最初に覚えるべき対応法と英語フレーズ そして、教えてもらったら心から感謝を込めて「教えてくれてありがとう!」と伝えましょう。余裕があれば、どの点に感謝しているか言い分けられるようになりましょう。

英語の風変わり表現「ain’t」の意味と使いどころ

ここがポイント ain’t (エイントゥ)は否定表現に使われるスラング 「ない → ねぇよ」のようなぶっきらぼうなニュアンス 「be動詞(am / are is)+not」の省略形、または、 「助動詞 have(/ has)+ not」の省略形。 「主語に応じた語形変化」を無視できるスボラ表現 使いこなすのは正直いってネイティブでないと難しい、 でも見聞きする機会は多いのでぜひ知っておきましょう ain’t という英語表現はスラングの一種で、どちらかというと口汚い表現の部類です。フォーマルな文書ではまず目にしない表現といえますが、洋楽の歌詞や洋画のセリフなどでは多く用いられます。 ain’t のニュアンスは、ざっくり言えば「~ではない」を「じゃねーよ」と表現するような粗雑な感覚に近い、といえるかもしれません。 ain’t は方言に由来するとされる短縮表現です。文法的にかなり緩い使われ方をする特徴があります。独特の語感も伴うため、一部では好んで用いられます。 いざ遭遇した際に戸惑わないためにも、意味と使いどころを知っておきましょう。自分が使うかどうかは別として。

英語で「ちょっと待って」と表現する上手な言い方、ニュアンスごとの使い分け方

英語で「ちょっと待ってて」「少し待って」と伝える言い方は、Just a moment. や Wait a minute. などの表現が使えます。 moment(瞬間)、minute(分)、sec(秒)などの単語は、あくまでも比喩的な表現ですが、「ちょっと」の度合いを表現する意味で使い分けられます。 友人を引き留めるような場合の「ちょっと待ってて」も、接客中の「少々お待ちください」も、行動を阻止する「ちょい待ち」「ちょっと待ったー!」も、基本的な表現は一緒です。状況に応じてニュアンスがうまく伝わる言い分け方を把握しましょう。 ここがポイント Wait a minute. (少し待ってて) Just a moment.(待って待って) Give me a sec.(少し時間ちょうだい) I’ll be back soon. (すぐに戻るから) Hold on. (そのまま(電話切らないで)いて)

「よろしくお願いします」は英語でどういう?場面別に上手に表現できるシーン別ニュアンス別フレーズ集

「よろしく」はこう訳せます 「手伝いましょうか」の一言に「はい、是非よろしくお願いします」と答える場合 I appreciate your kindness. (お心遣いに感謝します) 手伝って欲しくて「どうか何卒よろしくお願いします」と頼む場合 Any help would be appreciated. (どのような形のご支援でもありがたく存じます) 初対面の人と自己紹介して「どうぞよろしく」と挨拶する場合 Nice to meet you. (はじめまして) 今後も付き合いを続けましょうねという意味を込めて「今後ともよろしく」と伝える場合 Let’s keep in touch. (また連絡し合いましょう) この場に居合わせていない人へ「あの方によろしくとお伝えください」と言づてする場合 Please say hello to him/her/everyone. (彼/彼女にもよろしくと言っておいてください) 職場のチームやプロジェクトに加わり仕事仲間に「以後よろしくお願いします」と挨拶する場合 I’m looking forward to working with you. (あなた方と共に仕事できるのが楽しみです) これまでの協力に感謝しつつ「これからも(引き続き)よろしくお願いします」と伝える場合 Thank you for your continuous support. (変わらぬご支援ありがとうございます) 軽い頼み事をした上で「じゃあ、よろしくね」と言い添える場合 Thank you. (ありがとね) 日本語の「よろしく」や「よろしくお願いします」は、使う場面によって趣旨が変わります。そのため、「よろしく」のニュアンスを英語で正しく伝えるには、場面や状況に応じて英語表現を使い分ける必要があります。 […]

英語表現「tell me」と「let me know」の違いと使い分け方

英語で「教えてください」と頼む場合の、代表的な表現として、 tell me と let me know が挙げられます。どちらも趣旨は似通いますがニュアンスは微妙に違います。 場面に応じて、tell me と let me know を使い分けられるようになりましょう。

「電話を取る」場合と「電話をかける」場合の英語の基本表現集

電話を通じて行う英会話は、互いに表情や身振りが見えず、声と言葉だけでコミュニケーションを取らなくてはならなりません。その点で、対面で会話するよりも意思疎通の難易度が高めです。 でも怖がる必要はありません。明瞭に聞こえるように口調を意識し、電話のやりとりでよく使われるお決まり表現を把握しましょう。

「今まで本当にありがとうございました」英語で伝える別れ際の一言

会うは別れの始め、といいます。出会いがあればいつかは別れの時が訪れます。日本語なら別れ際には「今まで本当にお世話になりました」のような言葉を交わすところでしょうか。英語では「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを中心に伝えましょう。

英語で「目標」や「目的」を正しく言い分ける英単語表現集

ビジネスを効率的に推進するためには、目標や目的を正しく表現して共有することが重要です。「目標」に当たる英語表現としては goal (ゴール)などがまず思い浮かびますが、目標の性質や目標達成に向けた取り組み姿勢などのニュアンスに応じて、いくつか表現を使い分けられます。 英語学習においても目標の設定は大切です。目標をあらためて明確にしつつ、その目標が英語ではどのように表現すべき性質のものなのか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

英語の比較表現(比較級・最上級)の基本ルールと基礎表現

英語の比較表現は「他と比べてどうか」を表現する文法です。比較表現を使うことで「より良い」「もっと詳しい」「いちばん有名な」といった事柄が表現できます。 比較表現のルールは少し複雑と思われるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。実践 / 練習の前に、まずは最低限のルールを知っておきましょう。 ここがポイント 英語の比較表現には「比較級」「最上級」と「原級」がある 比較級は「語尾に~er」または「単語の前に more」が基本 最上級は「the + ~est」または「単語の前に the most」が基本

「ありがとう」を英語でどう言う?場面別ニュアンス別のお礼と感謝の上手な言い方

「ありがとう」という感謝の気持ちを英語で伝える表現は、ズバリ  Thank you. です。本当です。ありふれた表現ですが、これだけで感謝の気持ちがちゃんと伝えられます。 日本語だったら「ありがとう」が使える、という場面なら、Thank you . と表現できる。そう捉えてしまってよいでしょう。 気さくな(カジュアルな)会話の中でも、少しかしこまった(フォーマルな)会談の中でも、Thank you. で感謝の気持ちを表現できます。 Thank you. ありがとう(ございます) 表現に迷って言いよどむくらいならサッサと Thank you. で感謝を伝えてしまいましょう。 もちろん、Thank you. の他にも感謝を伝える表現は沢山あります。「とても感謝している」という程度の強さを伝えたり、「いつもありがたく思っています」というような形で伝えたりする場合には、Thank you. 以外の表現を選んでみてもよいでしょう。 たとえば、場面や状況に応じて、Thank you very much . という風に言葉を足せば丁寧なニュアンスが表現できます。 あるいは、 Thank you for your kindness. という風に言葉を補えば「何について感謝しているのか」という部分を明示できます。 感謝の言葉は、英語・英会話の中で最も重視するべき表現です。英語表現の最重要キーワードといってもよいくらいです。出し惜しみせず、機会があれば積極的に言葉にして伝えましょう。

「英検2級」のレベルや難易度と英検2級に合格するための対策法

「英検」には英語能力・レベルに応じた「級」が複数あります。その中でも多くの人の目標となる級といえば「英検2級」でしょう。英検2級は「使える(実用的な)英語能力」の入り口に位置するレベルです。大学入試レベルでもあり、海外留学に行くに当たっては最低限身につけておきたいレベルでもあります。 英検2級の具体的なレベルや、英検2級に合格するために身につけておきたい英語力、英検の試験の流れや日程その他の情報などを、ざっと理解しましょう。そうすれば、英検2級に合格のために何が必要か、何をするべきかが見えてきます。万全の体制で次の試験に向けて英語力を伸ばしていきましょう。

「直す」(変更・修正・訂正・改良)を英語で表現する意味別うまい言い方

「直す」という表現には、いくつかの意味合いが含まれます。英語で「直す」と述べる場合、訂正・修正・改良・変更といった具体的な意味合いまで念頭に置いて表現を選びましょう。 日本語表現は、訓読み+送り仮名の和語よりも、漢字だけで構成された漢語に基づく表現の方が、意味が具体的かつ限定的であり、英語と対応させやすい傾向があります。「直す」のような表現も「訂正」「修正」といった語に一度置き換えてみると、対応する英語表現が見つけやすくなるでしょう。

「どういたしまして」を英語で表現する、お礼の言葉に返す英語フレーズ

英会話で Thank you. のようにお礼を言われる機会があれば、「どういたしまして」のような一言をさらに返したいものです。お礼への返答まで含めて一連の会話と考えておきましょう。 日本語の「どういたしまして」に対応する基本的な英語フレーズとしては、You are welcome. が思い浮かびます。まずは、これでも十分でしょう。ただし場合によっては少し堅くてそっけない印象になるかもしれません。 英語表現を場面に応じて選ぶ余裕が出てきたら、もっと気軽・気さくでカジュアルな言い方や、もっと真摯で丁寧な表現を身につけましょう。身につけるといっても表現自体はすでに知っている語彙のはずです。どういたしましての意味で使えると認識しさえすれば、今からでも自在に使いこなせるでしょう。

「参考までに」「ご参考まで」は英語でどう言う?

情報を一言つけ足して「参考までに」と述べる場合、英語では for your information 、略して FYI が基本的といえます。ビジネスシーンでも日常会話でも使えます。 for your information をはじめ、この手の表現は、みだりに使うと相手の不興を買いがちです。言い方次第では上から目線の忠告のような言い草にも聞こえます。使用場面をよく見極めて使いましょう。

「また明日」と英語で表現する場面別うまい言い方

日本語の「また明日」という言い回しを、別れの挨拶として用いる場合、英語でいうなら See you tomorrow. が最も無難な表現でしょう。字面の意味も近く、英語でもよく用いられる表現です。 ビジネスシーンでは I’m looking forward to seeing you tomorrow.  のように述べると恭しさが演出できます。 「また明日にしましょう」という風に、今日は作業を切り上げましょうという意味「また明日」という場合、また違った言い方を考える必要があります。たとえば、「今日はここまでにしよう」と述べるなら、Let’s call it a day. というような気の利いた表現がハマるでしょう。

「久しぶりに」「お久しぶりです」と英語で表現する言い方

日本語の「久しぶり(に)」に対応する英語表現はいくつかあり、場面や状況に応じて使い分けられます。表現を比較しながらまとめて覚えてしまいましょう。 人と再会した場面でのあいさつ表現としては Long time no see. などがよく知られたところですが、他の言い方もできます。久しぶりの再会が喜ばしいというニュアンスを表現するなら、思い切って「また会えて嬉しい」と言い換えてしまう手だってあります。 みんなの回答:「ご無沙汰しております」は英語でどう言うの?

英語の「あいさつ表現」人と会ってまず交わす場面別うまい言い方

人と会って最初に交わす挨拶(あいさつ)は、第一印象を左右する重要な部分です。状況に応じてニュアンスの合う表現を使い分けられるようになりましょう。 フォーマルな場面で使える表現、打ち解けた関係の友人へ使える表現、さらに「久しぶりだね!」という意味を込めて使える表現。一通りのフレーズが把握できれば、あいさつ表現の悩みは解消できます。





WebRTCで無料英会話