英語で挨拶しよう!国際ビジネスで好印象を与える話題作りのコツ

英会話の学習には「英語で何をどう話せばよいのか分からない」という戸惑いが付きまといます。初対面の外国の人と何を話せばよいのか、たとえばビジネスシーンで初めて会った相手と会話する場合にはどんな話題が無難なのか。こうした部分は、語学力とはまた違った知識や素養が求められます。 ビジネスシーンにも定番の話題やお決まりの文脈・話の流れがあります。不慣れでも、お決まりのパターンをいくつか把握しておけば、相手に話を合わせて無難に円滑に会話を進められます。 英語圏を中心とする海外の一般的な「無難な話題」や「好まれる話題」は、日本国内の一般的な感覚とは違うところがあるかもしれません。でも、そんなに大きな違いがあるわけでもありません。多少のマナーとタブーを心得ておけば、あとは自然な人間的な魅力だけでも十分に勝負できます。英語初心者でも好印象を与えられます。

ビジネスもカジュアルも。メールで使う挨拶文をマスター

メールの書き出しは挨拶(あいさつ)から入る形が定番です。これはビジネスメールでもカジュアルなメールでも同じです。メールの冒頭の挨拶には、本題に進む導入の役割があります。あいさつ表現の種類と選び方を知って最高のメール術を身につけましょう。

英会話の挨拶で、天気の話をするときに使えるフレーズ

英会話で挨拶をするとき、自己紹介の後に世間話や雑談をすることが多くあります。世間話や雑談のことを英語では「small talk」(スモールトーク)と呼びますが、「small talk」の話題に困ったときには、天気の話が役立ちます。天気の話をする際に使えるフレーズを覚えることで、自己紹介の後に沈黙してしまうといった事態を防げるかもしれません。

英語と日本語の挨拶の違いとは?海外では通用しない日本の挨拶と習慣

海外には、日本の習慣とは違う挨拶事情があります。日本で一般的な挨拶方法が、英語で挨拶をするときには通用しないということがよくあります。 英語で挨拶をするときには、欧米など英語圏の習慣に合わせると無難です。しかし、日本語での挨拶に慣れていると、英語で挨拶をする時にどうふるまえばいいか分からず、混乱してしまいがちです。

「もう寝るね」と英語で表現する、電話やLINEを切り上げる表現

ここがポイント I’m going to go to bed now.  が定番の表現 I’m gonna go to bed now. と言うとコナレた感が出ます I’m gonna go to sleep now. で「眠る」ニュアンスを強調できる I’ll go to bed now. は助動詞「wil」で意思の強いニュアンス It is time for bed.(もう寝る時間だ)のような言い方もアリ I have to sleep. (寝なくちゃいけない)なんかもアリ I am so sleepy. (そろそろ眠いわ)もアリ It is too late.(もう夜遅いね)って伝える言い方もアリ 最後に Good night.(おやすみなさい)の挨拶を添えましょう 英語で「もう寝るね、おやすみ」と伝えるフレーズは「I’m gonna go to […]

「よろしくお願いします」は英語でどういう?場面別に上手に表現できるシーン別ニュアンス別フレーズ集

「よろしく」はこう訳せます 「手伝いましょうか」の一言に「はい、是非よろしくお願いします」と答える場合 I appreciate your kindness. (お心遣いに感謝します) 手伝って欲しくて「どうか何卒よろしくお願いします」と頼む場合 Any help would be appreciated. (どのような形のご支援でもありがたく存じます) 初対面の人と自己紹介して「どうぞよろしく」と挨拶する場合 Nice to meet you. (はじめまして) 今後も付き合いを続けましょうねという意味を込めて「今後ともよろしく」と伝える場合 Let’s keep in touch. (また連絡し合いましょう) この場に居合わせていない人へ「あの方によろしくとお伝えください」と言づてする場合 Please say hello to him/her/everyone. (彼/彼女にもよろしくと言っておいてください) 職場のチームやプロジェクトに加わり仕事仲間に「以後よろしくお願いします」と挨拶する場合 I’m looking forward to working with you. (あなた方と共に仕事できるのが楽しみです) これまでの協力に感謝しつつ「これからも(引き続き)よろしくお願いします」と伝える場合 Thank you for your continuous support. (変わらぬご支援ありがとうございます) 軽い頼み事をした上で「じゃあ、よろしくね」と言い添える場合 Thank you. (ありがとね) 日本語の「よろしく」や「よろしくお願いします」は、使う場面によって趣旨が変わります。そのため、「よろしく」のニュアンスを英語で正しく伝えるには、場面や状況に応じて英語表現を使い分ける必要があります。 […]

英語・英会話でけっこう目にする「英語スラング表現」50+

英語のスラング (slang)は、英会話を円滑にして相手との距離を縮める秘訣です。スラングは根本的には仲間内で共有される言語表現です。スラングに通じていると、仲間意識にも通じる親近感が育ちやすくなります。積極的に身に着けておくだけの価値は大いにあります。 スラングにも程度の差があります。本格的なスラングは、さすがに見聞きする機会も少なく、使い所も難しい上に限られています。他方、すでに広く普及・浸透して定着しつつある種類のスラングは、カジュアルでこなれた表現としてかなり便利に使えます。

「電話を取る」場合と「電話をかける」場合の英語の基本表現集

電話を通じて行う英会話は、互いに表情や身振りが見えず、声と言葉だけでコミュニケーションを取らなくてはならなりません。その点で、対面で会話するよりも意思疎通の難易度が高めです。 でも怖がる必要はありません。明瞭に聞こえるように口調を意識し、電話のやりとりでよく使われるお決まり表現を把握しましょう。

「今まで本当にありがとうございました」英語で伝える別れ際の一言

会うは別れの始め、といいます。出会いがあればいつかは別れの時が訪れます。日本語なら別れ際には「今まで本当にお世話になりました」のような言葉を交わすところでしょうか。英語では「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを中心に伝えましょう。

英語の別れ際のあいさつ「goodbye」と「see you」の違い

別れ際のあいさつとして使える英語表現は沢山あります。まず思いつくフレーズは Goodbye. や See you. などでしょう。もし、どちらか一方を選ぶとすれば、断然 See you. の方をお勧めします。 goodbye は離別・告別の場面でも用いられる表現なので、少し悲観的なニュアンスを含みやすいのです。その点、see you は再会を前提した気軽な表現です。

「こちらこそ」は英語でどう言う?

日本語表現の「こちらこそ」の意味・ニュアンスを英語で表現するなら、副詞 too を文末に添えて「私もです」と述べる言い方が基本と言えるでしょう。もちろん他にも表現方法はあります。 日本語の「こちらこそ」は、曖昧で、多義的な、いかにも日本語的な表現です。具体的に何を言いたいのか?という点を意識して、他の表現で言い換えられるようになれば、対応する上手な英語表現も自ずと見つかるでしょう。

英語あいさつ表現「How are you?」への返事・返答のしかた

英語のあいさつ表現といえば How are you ? が定番です。これに対する返事は、自分の状況に応じて実にさまざまに表現できます。 How are you ? はもともと「調子はどうですか」と訊ねる表現です。「返事は I’m fine. と答えるものと決まっている」と決め込んでしまわずに、臨機応変に応答できるようになりましょう。 会って最初に交わすあいさつは、会話のとっかかり、最初の手がかりでもあります。返事次第で会話の広がり方も違ってきます。

英語メールの「結びの言葉」の主な表現と使い分け方

英語でメール(mail)を書く際には、本文の末尾に Sincerely, や Best regards, などの「結びの言葉(concluding remarks)」と「自分の名前」を並べて書き終えましょう。これは手書き文字の手紙(mail)にも電子メール(e-mail)にも適用される作法です。 ここがポイント フォーマルな手紙には Sincerely, (敬具) ややカジュアルな手紙には Regards, (よろしく) 気のおけない親しい関係なら Best wishes, (いい事ありますように) もっと親しい人には Love, (愛を込めて) 友人との絆を深めるなら Your friend, (友だちだよ) 軽い用事の手紙に添えるなら Thank you, (ありがとう) 英文メールの「結びの言葉」は、ほぼ定型化されています。いくつかある定型表現から「フォーマルさの度合い」や「自分と相手との関係」「メールの内容との兼ね合い」などに応じて選ぶだけです。どのような表現パターンがあり、どのような使い分け基準があるのかを、まずは把握しましょう。 ちなみに、英語では現物の手紙を mail といい、電子メールは e-mail と読んで区別します。日本語の「メール」の感覚で電子メールを mail と呼ぶと誤解が生じかねないので注意しましょう。 なお、日本語では、「結びの言葉」は「結語(けつご)」といいます。具体的には、「敬具」「敬白」「草々」「かしこ」などの表現です。完全に定型表現です。手紙の末尾の「時節柄ご自愛下さいませ」「ご多幸をお祈り申し上げます」「以上、よろしくお願い致します」のような「(いわゆる)結びの挨拶」として、結語とは区別されます。

「特に意味のない英語のダジャレ」(地口)の勘どころ

英語の中にもダジャレ系の言葉遊びがあります。そこそこ機知に富んだシャレもありますが、単に語呂をひっかけただけのダジャレもあります。 いうなれば「その手は桑名の焼き蛤」「さよなら三角」「そんなことはないですしお寿司」系統の言い回しです。 こういうもじり・ひっかけ・語呂合わせ系のシャレを日本語では「地口」といいます。地口は、まじめな会話ではまず登場しない、ある種のムダ知識です。とはいえ英語の音感的な感性をつかむ手がかりにはできそうです。

「喪中はがき」は英語でどう言う?

いわゆる「喪中はがき」(喪中ハガキ)を英語で表現するなら mourning card(s) あるいは mourning postcard(s) が穏当でしょう。 ただし、喪中はがきのやりとりは日本の年賀状の慣習を前提とする習わしであり、英語圏では年賀状ともども「喪中はがき」を送る習わしは一般的ではありません。 何の脈絡もなく mourning (post)card とだけ述べると、いわゆる訃報、葬儀法要のご案内、会葬礼状、あるいは、お悔やみのメッセージカードなどと理解される可能性もなくはありません。適宜補足する用意と、状況によっては敢えて話題にしないという割り切り方も心得ておきたいところです。

英語の新年あいさつ「A Happy New Year」は A が余計かもしれません

英語の新年のあいさつというと Happy New Year ! のフレーズを思い浮かべます。年賀状の定番デザインでもあり、日本でもよく目にします。 年賀状では「A Happy New Year」と書かれている場合が多々ありますが、この不定冠詞のついた「A Happy New Year」は英語あいさつ表現としては不正確という点に留意しておきましょう。

年末年始の定番あいさつは英語でどう言う?

年末年始にお決まりの挨拶、「よいお年を」や「あけましておめでとう」はそのまま英語にできる場合とそうでない場合があります。 お正月というイベントの祝い方は文化によって大きく異なるので、地域性を理解したうえで自然な挨拶を交わしましょう。





WebRTCで無料英会話