気負わない主義を貫く!毎日10分手軽な英語学習法5選

male-168981_640

英語スキルの上達には「不断の学習」が欠かせません。何日かおきに気まぐれに集中的に勉強するよりは、少しずつでよいから毎日英語に接し続けることの方が、言語としての英語を身につける近道です。

毎日の学習は決してハードでなければならないということはありません。気軽に簡単に英語に接する機会だけでも十分な効果は期待できます。好きなメディアを通じて英語に接する(というか、英語を通じて好きなメディアを楽しむ)ことは、興味の力を学習にも援用できますし、継続もはかどる、まさに趣味と実益を兼ねた学習方法です。

その気になれば10分ですむ程度の英語学習法・英語に接する方法がたくさん見つかります。娯楽メディアも十分な教材です。胸を張りましょう。

続きを読む

「Let’s eat Grandma!」はどういう意味?英作文での「カンマ(,)」の大切さが分かる英文3選

文章をどこで区切るのかということは、作文をする上でとても大切です。例えば「彼女は、話しながら笑う彼を見つめた」という文と「彼女は話しながら、笑う彼を見つめた」という文では読点(、)の位置が違うだけですが、意味が変わります。

続きを読む

「go home」「go to home」「go to house」はどれが正しい?

shutterstock_408310570

「家に帰る」と英語で言いたいときは、「go home」といいます。よくある間違いとして、「go to home」と言ってしまいがちですが、「to」をつけない方が正しい英語表現です。

また、「home」似たような単語に「house」がありますが、「家に帰る」という意味では「go to house」とは言わず、「go home」といいます。

続きを読む

「How do you find ~?」の2つの意味とは?「find」を使ったややこしい英語表現

shutterstock_457921498

「find」は「見つける」「探し出す」などの意味を持つ英単語です。「find」の使い方はさまざまで、「I found you in the library.」(図書館であなたを見つけた)というように「~を見つける」という意味でも使えますし、「I found the book interesting.」(その本を面白いと思った)というように「○○を△△だと見なす」という意味でも使えます。

続きを読む

「What do you think?」と「How do you think?」の違いとは?「what」と「how」の使い分け方

daughter-838986_640

英会話の中で「どう思いますか?」と相手に聞きたいときは、「What do you think?」と問いかければ伝わります。直訳すれば「あなたは何を考えますか?」のようになるでしょうか。

「What do you think?」と混同しがちなフレーズに「How do you think?」があります。「what」と「how」が違うだけですが、1語違いは大違いです。

「What do you think?」と「How do you think?」の違いを理解するためには、まず「what」と「how」の性質を理解しなくてはなりません。両者の違いを理解すればおのずと両表現を使いこなせます。

続きを読む

英語を話すことを恐れなければ、1日で英会話は上達する!

英会話の上達のためには、何よりもまず、英語を恐れずに話すことが大切です。初心者のうちは「相手に何を言われたのか」「どう返せばいいのか」などを考えながら英語を話さなければいけないこともあるでしょう。しかし、実際に英語を繰り返し使うことで、頭でよく考えなくても反射的に英語が口から出てくるようになります。

続きを読む

たったの15フレーズで完ぺき!?電話で使えるビジネス英語フレーズ集

ビジネスシーンで電話をするときに使える英語の決まり文句は数多くあります。英語を使って電話をするときは、決まりきったフレーズを使えるようにしておくと、スムーズに英会話を進められるでしょう。英語での電話のかけ方のコツをつかめば、落ち着いて要件を伝えられるようになります。

続きを読む

ネイティブスピーカーは「Thank you very much.」を使わない?感謝を表す英語表現フレーズ集

ThankYou

「Thank you very much.」(本当にありがとうございます)は、英語の教科書にも出てくるお決まりのフレーズで、ネイティブスピーカーも使うことがあります。しかし、英語のネイティブスピーカーからすると、時と場合によっては不自然なフレーズだと思われてしまうことがあります。文法的には正しいフレーズですが、ややフォーマルで堅い表現です。そのため、仲の良い友達同士など、カジュアルな間柄で使うのではなく、見知らぬ人にお礼をするときや、フォーマルな場で感謝を述べるときに使うとよいフレーズです。

続きを読む

スカイプで無料英会話