英語で伝える励ましの言葉、相手を気づかう英会話フレーズ

いつもと違って辛そうにしている人には、いたわる言葉を贈ってあげたいものです。いざという場合に備えて、相手を気づかう英語表現をいくつか知っておきましょう。

友人にいつもの元気がない場合は Are you feeling OK? (気分は大丈夫?)、 Are you all right? (大丈夫?) のように尋ねてみましょう。その次に相手に贈るべき言葉は、返答内容によって違ってくるでしょう。

でも言い分けは難しくはありません。相手を気遣う心を率直に言葉にできれば、間違いなくそれが最適な表現なのですから。

続きを読む

英語ビジネスメールの「署名欄」の正しい書き方・デザイン・フォーマット

ビジネスメールでは末尾部分に署名(差出人情報)を記載する様式が確立しています。これは英語のビジネスメールでも同様で、やはり英文メールでも末尾に署名を記載します。

署名に記載するべき情報の種類は、日本のビジネスメールとほぼ同様です。しかし各項目の記載順序には微妙な違いも見られます。

ちょっとくらいテンプレートを逸脱しても、必要な情報を伝達するという観点では何ら支障はありません。とはいえ、ビジネス相手の心証をできる限り良好に保つには、署名欄の書き方なんかで違和感を感じさせるわけにはいきません。

署名欄は完全に事務的な用途で利用される部分です。個性を必要としません。むしろテンプレートに則った書き方が歓迎されます。最初に作法通り作ってしまえば、もうこっちのものです。

続きを読む

英語で「示す」「見せる」を意味する動詞のニュアンスの違いと使い分け方

282766454

「示す」「見せる」といった意味で用いられる英単語は、基礎的な動詞だけでも複数あります。最も基本的な表現としては show が挙げられます。その他にも複数の、より具体的なニュアンスを含んだ単語があります。

意味の似た表現を正しく理解して使い分けることは難しいものです。しかし他方、類義語や意味の似通う表現は、並べて比べながら学んだ方が記憶に残りやすく、違いも把握しやすかったりして、お得です。

表現のバリエーションと意味合いの違いを見比べつつ、効率的に単語力を上げて参りましょう。

続きを読む

英会話ビギナーの強い味方!「前置き表現」を身に着けよう

440191441

英語には、文頭に置いて文章全体を修飾する表現が沢山あります。こうした表現は、話題の全体像を先出しする「前置き」表現として活用できます。

最初に前置き表現を述べておくと、聞き手は話の大まかな内容(どういうことを言おうとしているのか)を理解しやすくなります。何より、とりあえず一言だけ発しておくことで、いわゆる「間を持たせる」効果が期待できます。

この「前置き表現」、コミュニケーションのちょっとしたコツとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。英語でも、翻って日本語でも。

続きを読む

英語のNGワード、言ってはいけない禁句の知識

英語にも(世界中のどの言葉にも)、相手を罵る際に用いるような口汚い表現、下品な表現、使うべきでないと見なされる表現があります。どれも基本的にはスラングです。

英語で「使ってはいけない表現」を総称する言い方としては、vulgar words (野卑な言葉)、 swear word(罵り文句)、dirty word(汚い言葉) のような言い方が挙げられます。

続きを読む

英会話レッスンの種類と効果、継続期間の目安

352345325

英語(を含む言語)を身に着けるには、記憶や理解だけではなく、十分な会話の練習が不可欠です。例えば英語なら、つまり英会話の習得を目指すなら、英語話者とのレッスンはとても有効です。

英語を学んで、学んだ英語を実際に駆使することで、自分の言葉として定着させるわけです。

言語の習得は決して一朝一夕に成果が上がるものではありません。膨大な知識をコツコツと積み上げて、記憶に定着させ、かつ、多量のインプット・アウトプットを通じて使い慣れるというプロセスが必要です。

英会話のレッスンにもいろいろな形式があります。街中で先生と対面して取り組める英会話教室。自室でできるオンライン英会話。複数名で取り組めるグループレッスンの方式や、1対1でじっくり教わるマンツーマンレッスンなど。それぞれに長所があります。自分に合った方法を選びましょう。

続きを読む

英語の回文(Palindrome)で遊んでみよう

前から読んでも後ろから読んでも同じになる、「竹藪焼けた」(たけやぶやけた)のような文章を、日本語では「回文」といいますが、英語では palindrome (パリンドローム)といいます。

英語の回文=Palindrome は、日本語の回文とは微妙に勝手が違うかもしれません。でも慣れてくればきっと楽しめます。Palindrome の作り方のコツを覚えると、自然と綴りに注意が向くようになり、英単語の眺め方が変わります。単語を楽しく学ぶ方法の一環としていかがでしょうか。

続きを読む

英語フレーズ「I’m sorry.」と「Excuse me.」の意味と使い方の違い

360556748

英語の I’m sorry.Excuse me. というフレーズは、日常英会話でもよく使われる表現です。この両フレーズはニュアンスも使い所も違います。正しく理解してうまく使い分けましょう。

I’m sorry. も Excuse me. も、日本語では普通「すみません」と訳されます。そして日本語の「すみません」は、かなり幅広い場面で使われる多義的な言葉です。そのため日本人は使い分けの要領がなかなか得られず苦労します。

まずは日本語の「すみません」との対応づけを一旦やめて、英語表現としての理解に努めましょう。活路はきっと開けます。

続きを読む

英語の新聞で読む2016リオオリンピック

shutterstock_338397737

2016年8月はリオデジャネイロで開催中の夏季オリンピックで世界中が盛り上がっています。オリンピックのような世界規模の催しは、海外メディアに接して報道を読み比べる絶好の機会。ぜひ国ごとの報じ方を比べてみてください。

今大会では日本代表の選手も大いに奮闘しており、日本国内のニュースに留まらず世界のメディアで多く取り上げられています。とりわけ男子の体操競技は、日本勢が団体競技を制覇、個人でも内村航平が鮮やかな逆転劇で金メダルを獲得するなど、ドラマチックな展開が注目を集めました。

続きを読む

英語プレゼンを締めくくる「結びの一言」とカッコイイ締め方

shutterstock_72489301

プレゼンテーションは「出だし」部分が肝心です。とはいえ、プレゼンの締めくくりだって同じくらい重要です。終わり方がよければ聞き手の心証はぐんと好ましいものになります。

プレゼンテーションの《上手な締めくくり方》は、あまり着目されない部分ですが、洗練された一言を述べて終えることができればプレゼンの成功を印象づけることができます。終わりよければすべてよし。ええきっと確実に。

今やあらゆるビジネスパーソンが「プレゼンを英語で行う」機会に直面しています。ビジネスの場でも学校の授業などでも、英語でプレゼンする機会は珍しいものではなくなっています。「出だし」から「締め」まで、うまくこなしたいものです。

続きを読む

英語の「天体」、太陽(sun)月(moon)星(star)で表現するフレーズ・慣用表現

270985640

太陽(sun)、月(moon)、星々(stars)といった天体は、古来から親しまれてきた存在です。英語表現の中にも月や星が登場する慣用表現が色々とあります。

とりわけ「月」を使った言い回しは種類が豊富です。どれも比喩が満載で、中々に機知に富んだ表現。ちょっと使ってみたくなること請け合いです。

続きを読む

英語の「カジュアルな表現」と「フォーマルな表現」の違いと使い方のコツ

266390273

英語を学ぶと「カジュアルな表現」「フォーマルな表現」といった区別をよく目にします。これは、つまるところ表現の丁寧さの度合いを区別するものです。

英語と日本語では丁寧さの表現方法はだいぶ異なります。日本語では動詞に「です」や「ます」を付ければ一応は丁寧表現の形になり、ああ丁寧な口調だなと判断できますが、英語ではそうした記号のような表現パターンを手がかりにはできません。

カジュアルな表現とフォーマルな表現の勘どころを掴むには、表現の簡素さの度合いに着目してみるとよいかも知れません。敢えて略式に表現する、あるいは、あえて略さずにしっかりと表現する、という表現の分け方は、英語のカジュアル表現・丁寧表現の使い分けに通底していると言えそうです。

続きを読む

【2016年7月】月間アクセスランキング10+オマケ

364443794

前月(2016年7月)を通じて最も多くアクセスされた(閲覧いただいた)記事をランキング形式にまとめました。未見の気になる記事があればぜひ、この機会にチェックしてみてください。

調査方法は、最初の調査ということもあり、純粋に「7月中に最もページが閲覧された順」としました。英語学習でよく調べられるテーマでは、ちょっと古めの記事も含まれています。

続きを読む

今すぐ使える英語のことわざ・慣用句 100本

glasses-glass-452549_640

ことわざ(諺、名言、格言、金言)は長い時代を経て受け継がれてきた貴重な人生訓。英語のことわざには日本語のことわざとはまた違った含蓄があり、思わず口ずさみたくなる語感があったり、西洋の文化的背景が感じられたりと、ためになる知見が満載です。

お気に入りの英語ことわざを見つけて、英語学習の座右の銘にしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

英語で「ギリギリ」を表現する場面別の英語フレーズ集

英語と日本語では、単語の意味や用法は必ずしも一対一に対応しません。「ぎりぎり」という日本語表現などもそんな単語のひとつです。英語で表現するなら場面やニュアンスに応じた表現の使い分けが必要です。

日本語では「きわどい」というような意味で、ほぼ感覚的に「ギリギリ」という表現が疲れますが、場面や状況によって「ギリギリ」の指す意味合いは違ってきます。英語の表現と使い方を把握して使いこなしましょう。
続きを読む

英語で丁寧に頼み事・お願いをするときの定番フレーズ

誰かに頼み事お願いごとをする場面で使える英語表現にも、さまざまなバリエーションがあります。丁寧さの度合いもさまざまですが、まずは丁寧にお願いする表現を把握しましょう。

礼儀正しい前置きと頼み方ができれば相手にとっても気持ちが良いものです。引き受けてくれやすくもなります。あまり冗長になりすぎるのも良くありませんが、「相手を気遣う気持ち」を表しつつ上手にお願いをするフレーズは良い人間関係を築く上で必須の表現として覚えておきましょう。
続きを読む

もっと先のページを見る:10203040506070



WebRTCで無料英会話