guest、audience、 customer。「客」は「客」でも種類によって呼び方は違う

online-shopping-1082733_640

「客」には種類がたくさんあります。家やパーティーへ招待されたお客さん、スーパーへ買い物に来たお客さん、映画や芝居を観に来たお客さん。日本語では全て「訪ねてくる人」という広い意味で捉えて「お客さん」と一言で表すことができますが、英語ではお客の種類によって「客」を意味する単語が多くあり、それぞれ使い分けられています。
続きを読む

政治の話題で必須の英単語おさらい

committee-room-1022791_640

英語にも特定分野で多く用いられる表現や用語があります。当該分野で自在に情報を得るには、日常英会話とはまた違った知識が求められます。たとえば政治。日常会話は問題なく理解できても、政治の話になるとチンプンカンプンになる・・・・・・日本語でも変わりませんね。

英字新聞を取って多読する学習法でも、英語ニュースを聞ききまくるリスニング訓練でも、政治の話題は多く接することになります。そして政治は経済社会への理解を深める糸口でもあります。知識を深めておいて損はありません。

続きを読む

【バレンタインデー】チョコレートが登場する英語フレーズ

chocolate-183543_640

2月14日のバレンタインデーは、もともとは聖バレンタインが殉教した日で、ローマ・カトリック教会の祭日です。聖バレンタインが恋人達の守護聖人であるため、「愛の日」として祝われてきました。日本では女性が男性にチョコレートを送って愛の告白をする日、となっていますが。

チョコレートが長らく高級嗜好品だったからか、チョコレートを含んだ英語フレーズは中々に機知に富んだ言い回しがたくさん見られます。

続きを読む

hug, embrace, cuddle。「ハグ」にも色々ある

hugging-571076_640

世界には、軽い抱擁=「ハグ」の文化をもつ国や地域が少なくありません。英米、特にアメリカではハグは気さくに行われる習慣です。友人、知人、初対面の人にも、挨拶の一環としてハグが行われます。

日本の一般的な感覚では身体の接触にいささか抵抗があるかもしれません。国内では異性に抱きつくなんてセクハラ!という風潮もあります。(※「セクハラ」は和製英語)

ハグ文化圏においては相手との距離を縮め、好意を示したり親密さを高めるための重要なコミュニケーション手段です。言葉が通じなくても、ハグひとつで友好関係が築けることもあります。

英語でハグは基本的には hug と言いますが、ハグの種類によって言い方も替ります。相手への愛情の度合いや力の強さなどによってハグの仕方が異なり、それに合わせて言葉が使い分けられます。

続きを読む

スカイプで無料英会話