否定疑問文で「many」と「a lot of」を使うときの話し手の意図の違い

「many」と「a lot of」はどちらも「たくさんの」という意味の形容詞です。日常生活で使う疑問文や否定文には「many」を用いるのが一般的ですが、否定疑問文では話し手が予想している答えに応じて、「many」と「a lot of」の使い分けができます。

続きを読む

英語の基礎動詞「get」のちょっとコナレた使い方

super-163958_640

get」は英語の中でも基本中の基本といえる動詞で、主な意味は「得る」「受け取る」といったところですが、それ以外にもさまざまな意味合いで用いられます。少しずつ get の使い方の幅を広げていきましょう。

get は他の動詞の代わりに使われることがよくあります。文章が簡素になり、こなれた感が出ます。ただし聞く側に知識がないと意味がつかみにくい文になってしまいます。

続きを読む

もっと先のページを見る:102030405060
WebRTCで無料英会話