英語で「人(々)」を表す person(s)とpeople(s)の微妙な違いと使い方

349961009

英語では基本的に「人」を person、「人々」は people と表現します。一見すると person が単数形で people はその複数形とも思われますが、実はそれぞれ複数形が別にあります。

person の複数形 persons 、および、 people の複数形 peoples 。どちらも使い所は限られますが、単数形の正しい把握と理解のためにもちゃんと知っておいて損はありません。

「個人」は person

personケンブリッジ英語辞典で引いてみると、「a man, woman, or child」という定義が参照できます。「男性、女性、もしくは、子ども」。それぞれ単数形であり、不定冠詞も付いている点から、この記述は「個人」を念頭においていることが分かります。

The hotel costs 10,000 yen per person.
そのホテルは2人で10,000円かかる

person は個人の「特徴」や「性格」を言及する意味でもよく用いられる語です。たとえば book person といえば「本好きの人」(person who likes books)を指します。

She is a kind and funny person.
彼女は優しくて面白い人だ

person と human の違いは

person と混同しやすい英単語に human があります。person と human の違いとしては、person が大勢と個人を分けるために使われているのに対し、human は動物と人間を分けるために使われています。person が「人」や「個人」と訳されるのに対し、human は「人間」と訳されます。

「集団」は people

people は「人々の群れ」や「大勢の人」を意味します。集団を指す語であり、単数形だけど複数扱いされる、少々ややこしい単語です。

元々、person の複数形は persons でした。しかしながら、14世紀の初め頃には person の複数形として people が使われるようになります。今では、persons はごく限られた場面でしか使われず、代わりに people が person の複数形として使われています。

Many people are suffering from the low pay and long hours.
多くの人は低賃金と長時間労働で苦しんでいます

the people なら「国民」「庶民」「起訴する人」

people に物事を限定する冠詞 the を付けた the people。この表現には主に3つの意味があります。1つ目が「国民」、2つ目が「庶民」、3つ目が「起訴する人」です。

the people は「国民」や「民衆」を表します。定冠詞 the には対象を特定する働きがあり、the を付けることで、単に「人々」というのではなく「あの(何処其処の)人々」と具体的に示すことができるのです。the people を使って「日本人」を表現すると、the Japanese people、もしくは the people in Japan となります。

また、the people は貴族の対義語「庶民」や「一般大衆」という意味でも使われます。社会的地位の高くない大勢の人々を指しているのです。

さらにアメリカにおいては、州政府の prosecutor(検事、訴追者)を the people で表すことがあります。

one’s people は「支持者」「従業員」

one’s people を直訳すると「(誰か)の人々」です。特定の人に属する人々を指して使います。日本語では「支持者」や「従業員」などと訳されるようです。また、古い言い方ですが my people は「親族」や「両親」を指して使われていました。

people person は「人付き合いの良い人」

people person を見て、「人々の人」?と疑問に思うかもしれません。これは、「人付き合いの良い人」を表す表現です。ケンブリッジ英語辞典では「someone who is good at dealing with other people」(他人を上手に扱える人)と説明されています。

We need him.He is a people person who always motivate our tea.
我々には彼が必要です。彼はいつもチームの士気を高めてくれるんです

people の古い表現は persons(≒people)

persons は person(個人)の複数形です。「人々」を表します。people とほぼ同じ意味と考えられますが、persons の方が古くて堅苦しい表現であり、主に法律や法執行の文脈、もしくは限られた英語表現の中でしか使われていません。限られた英語表現には、persons of interest(複数の利害関係者)、 displaced persons(亡命者)、missing persons(行方不明者)などがあります。

「人々」と言いたいときに、person の複数形として persons を使いたくなるかもしれませんが、persons は日常会話で使う表現ではないので注意しましょう。

More than 1 million refugees and displaced persons came into our country.
100万人以上の難民と亡命者が我々の国へ逃れてきた

「特定の集団」(民族)は peoples

peoples は people の複数形です。そもそも people が「人々」を意味する複数名詞なので、peoples という単語に違和感を覚える人も多いでしょう。複数名詞の people とは異なり、peoples は複数名詞でも単数名詞でも用いることができます。特定の国民や民族、集団のメンバーやそのメンバー全体を指して使います。

I learned the history of the native peoples of Australia.
オーストラリアの先住民族らの歴史について学んだ

つまり「人々」は people で基本OK

persons、people、peoples はどれも「人々」を表します。しかしながら、persons や peoples は特定の場面でしか使われず、使う機会はそれほど多いとは言えません。person の複数形「人々」と言いたい時には、people を使うのが無難でしょう。

WebRTCで無料英会話