【英語の「正しい発音」の極意】母音 [æ] の発音の方法とコツ

英語の母音 [æ] の発音、特に単語の最初にある [ʌ] の発音について、どのように口や舌を動かして発音すればよいのかを具体的に解説します。 英語の「正しい発音」を身につける矯正方法の極意【もくじ】 目次1 [æ] の発音の特徴(どのような音か)1.1 [æ] の具体的な発音方法1.2 [æ] の発音のコツとポイント1.3 [æ] の音を含む英単語1.4 [æ] の音を多めに含む文章 [æ] の発音の特徴(どのような音か) [æ] で示される英語の発音は、おおむね日本語の「ア」に対応するとされる音です。 日本語の「ア」に対応する発音は、英語には [a] [ɑ] [ʌ] および [ǝ] などがあります。この区別をつけずに全て「ア」と発音してしまうと、いかにも日本人的な英語の発音に聞こえてしまいます。 [æ] の発音を用いる英単語としては apple などが挙げられますが、これを男性的な固い口調で日本語的に「アップル」と読むと、その発音は [ʌ] に近づき、結果として up /ʌp/ などに聞き間違えられてしまいます。 逆に、apple を若い女性の甘えるような口調で「アップル」と読むと、[æ] の発音に近くなり、英語的にもあながち間違った音でなくなっている場合もあります。 [æ] の具体的な発音方法 【1】 まず、舌の先が下の歯の付け根に触った状態を保ちます。 【2】 同時に、口を縦に人差し指の幅一本半分を開き、「あー」のような声を出すと、[æ] が発音できます。 [æ] の発音のコツとポイント ● 英語の発音全般に言えることではありますが、日本語のアイウエオの音で代用しないように意識して発音することが大切です。口まわりの筋肉が正しく動くように訓練しましょう。 ● [æ] の発音は、単語の最初の音として登場する以外には、「子音に挟まれた a のスペルがある場合」に限られます。たとえば、bad、pat、dance … Continue reading 【英語の「正しい発音」の極意】母音 [æ] の発音の方法とコツ