【英語の「正しい発音」の極意】子音 [f] の発音の方法とコツ

英語の子音 [f] の発音、(単語の最初にある [f] )について、口や舌の正しい形と動きを伝授します。正しい発音を身に付けましょう。 英語の「正しい発音」を身につける矯正方法の極意【もくじ】 目次1 [f] の発音の特徴(どのような音か)1.1 [f] の具体的な発音方法1.2 [f] の発音のコツとポイント1.3 [f] の音を含む英単語1.4 [f] の音を多めに含む文章 [f] の発音の特徴(どのような音か) 音を作る場所:上の唇と舌の歯の間 音の作りかた:空気を摩擦させる 声帯のふるえ:無声音なので震えない 英語の [f] の音と日本語の「フ」の音は、似て非なる音です。音を作る場所が違います。 日本語的な発音に引っ張られないように意識しつつ、正しい発音を練習しましょう。 [f] の具体的な発音方法 【1】 まずは、上の歯で下唇に軽く触れてみましょう。ここが [f] の音を作る場所です。 下唇の乾いた部分と湿った部分の境目あたりに上の歯が触れる(か触れないか)という感覚です。 【2】 口を位置取りできたら、そのまま上の歯の先と下唇の間から空気を勢いよく出してみましょう。 息は腹筋を使って勢いよく出します。そうすると上の歯が舌の唇から自然と離れる感覚が分かります。 [f] の発音のコツとポイント ● [f] の発音のコツとして「上の歯で下唇を噛むようにする」と説明される場合がありますが、これはあくまでも「噛むように」という感覚的なたとえです。実際に唇を噛んでしまうと、[f] の音に必要な摩擦音が出せなくなってしまいます。 ● [f] に続けて母音を発する場合、下唇を上の歯から離しながら口を開くような動きになります。この際、息を出しながら下唇だけを少し突き出すように外側に向けて動かすように意識しましょう。そうすることで [f] を強く発音できます。あごを下に降ろすようにして母音の発音に移ると、日本語的な発音になってしまいます。 ● 英語話者は言葉を聞き取る際に口元の動き見て判断材料にしています。[f] を日本語の「フ」の音で代用してしまうと、視覚的に [f] と認識されません。結果、Fuji (富士)と言ったつもりが Uji (宇治?)と言っているように思われてしまう、というようなことが起こったりします。 [f] … Continue reading 【英語の「正しい発音」の極意】子音 [f] の発音の方法とコツ