【英語の「正しい発音」の極意】子音 [l] の発音の方法とコツ

英語の子音 [l] の発音、特に単語の最初にある [l] の発音について、どのように口や舌を動かして発音すればよいのかを具体的に解説します。 英語の「正しい発音」を身につける矯正方法の極意【もくじ】 目次1 [l] の発音の特徴(どのような音か)1.1 [l] の具体的な発音方法1.2 [l] の発音のコツとポイント1.3 [l] の音を含む英単語1.4 [l] の音を多めに含む文章 [l] の発音の特徴(どのような音か) 音を作る場所:舌先と上の歯の歯茎 音の作りかた:舌の横から声を出す 声帯のふるえ:有声音なので震える [l] の音は日本語のラ行の音とは違います。音の作り方も、音を作る場所も違っています。 日本語のラ行の調子で [l] を発音すると、「弾き音」と呼ばれる別種の音になり、とてもカタカナ英語っぽく聞こえてしまいます。 [l] の具体的な発音方法 【1】 まずは舌先で上の歯の歯茎を触ってみましょう。 口を閉じたときに舌先が上あごに触っている場所、ここが一番楽に [l] を発音できる場所です。 舌先は日本語の「ラ行」を発音するときよりも数ミリ程度、歯に近くなっているはずです。 【2】 舌先は上の歯の歯茎につけたまま、少し口を上下に開いてみましょう。とりあえず練習の時には舌先を歯茎につけたまま指の幅1本分開いてください。 唇を指2本分ほど上下に開くと、次に発音する母音がどんな音でも十分に対応できます。はじめは指1本分で練習し、慣れたらもっと開けるようにしましょう。 【3】 唇を開けたら、口周りの力を抜いたまま声を出します。唇、舌の付け根、ほほ、どこも力んではいけません。 声を出し、それを自分の耳で聞き届けてから、舌先を歯茎から離します。 [l] の発音のコツとポイント [l] の音は、いったん「溜め」を設けてから、それを解放する、という2段階の発音手順を意識するとうまく発音できます。 【1】まずは舌先を歯茎につけて声を出す、この部分で「溜め」を作ります。 【2】それから、舌先で歯茎を突き放すようにして発音し終えます。 [l] の音を含む英単語 love /lʌv/ live /lɪv/ (動詞) /lʌɪv/ … Continue reading 【英語の「正しい発音」の極意】子音 [l] の発音の方法とコツ