【まとめ】アメリカの記事一覧

アメリカに関連してる記事をまとめたよ!

アメリカ英語とイギリス英語のスペル(綴り)の違いまとめ

アメリカ英語(米国式英語)とイギリス英語(英国式英語)では、同じ単語だけれどスペル(綴り)が微妙に異なる場合があります。たとえば center と centre 。あるいは、color と colour

米国英語と英国英語におけるスペルの違いには、ある程度の法則性が見いだせます。Oxford Dictionaries あらため「LEXICO」 ウェブサイトの「 American and British spelling 」などが上手くまとめてくれていますので、ぜひ参照してみてください。

この手の表記揺れは、べつに曖昧な把握でも英会話に支障を来すことはそうそうありません。でも英語を学んでいく過程では遅かれ早かれ遭遇することになる知識でもあります。早めに接して意識しておくと、後々役立つでしょう。
続きを読む

アメリカの7月4日(アメリカ独立記念日)の過ごし方

7月4日はアメリカの独立記念日(Independence Day)です。アメリカでは祝日に制定されています。

とりわけ今年(2016年)は、記念すべき 1776年の出来事から240年目にあたる節目の年でした。近年の対テロ警戒態勢の中とはいえ、例年にも増して盛大に各種イベントが催されたようです。

この日の米国内は平生とはちょっと様子が違います。もちろん日本の建国記念日とも趣は全く違います。独立記念日の迎え方は、アメリカという国を知る良いきっかけになりそうです。

続きを読む

アメリカ英語では「take」、イギリス英語では「have」を使う表現

havetake は、それ自体に意味上の重要性を伴わない軽動詞(light verb)としてよく用いられます。たとえば take a break と言うとき、take は動詞である以上の意味をほぼ持ちません。日本語の「する」のような位置づけです。

アメリカ英語とイギリス英語を比較すると、いくつかの表現において、アメリカ英語では take が好まれ、他方イギリス英語では have が好まれる、という例が見出せます。
続きを読む




WebRTCで無料英会話