TOEIC(R)テストの「合格点(?)」は

TOEICテストは英語のコミュニケーション能力がどの程度のレベルにあるのかを測定する、いわばモノサシとしての役割を持っています。英語の実力に関わらず同じ内容のテストを受け、実力のレベルが点数(スコア)として示されるます。このような性質から、TOEICテスト自体にはそもそも合格・不合格のような区分がありません。

英検(英語検定試験)の場合、試験結果は合格か不合格かのいずれかで示されます。試験問題は1級~5級とレベル別に分かれており、自分の実力に見合ったテストを受験して合格水準をクリアすることが英検の目標となります。

企業や学校などが求人の応募資格としてTOEICのスコアで何点以上の者という条件を提示する場合があります。これはある意味でTOEICの合格点(水準)と言うことができるかも知れません。

71865706





WebRTCで無料英会話