【TOEICビジネス問題対策】会社の1日

会社では「9時始業-17時終業」のような勤務時間(work hours)が決められており、その中で1 時間の昼休みを取るのが一般的です。社員は勤務時間の中で1 日のスケジュールをこなしていきます。朝から夕方までずっと1 つの仕事に従事することももちろんあります。会議の時間が延びたり、突発的なことに対処したりしていると、帰社時間までに予定していた仕事が終わらないこともあります。そんなとき、仕事の期限が迫っていたら残業してその日中に済ませる場合もあります。ここでは、会社勤めをする人(office worker)の一般的な1 日の様子を見ながら、TOEICテストのリスニングセクション、Part 3 の社員同士の会話や社内連絡メモなどによく出てくる語句に強くなりましょう。

A 午前

  • go to work
    出社する
  • first thing in the morning
    朝一番で
    * check e-mails fi rst thing in the morning
    「朝一番でメールをチェックする」のように使われる。
  • do paperwork
    書類仕事をする
    * 報告書や会議資料など、書類作成に関する仕事全般を指す。
  • lunch break
    昼休み
  • check e-mails
    メールをチェックする
  • business meeting
    商談
    * 主に取引先の人たちとの打ち合わせを指す。

 メールチェック

ほとんどの社会人は、朝会社に着いたらまず、取引先や社内の人から送られてきたメールをチェックする。これを怠ると仕事に重大な支障をきたすこともある。

598518722


B 午後

  • answer phone calls
    電話に出る
  • respond to an emergency
    緊急事態に対応する
  • meet with clients
    顧客と面会する
  • go straight home
    直帰する
    * 外出先から、会社に戻らずに帰宅すること。
  • talk to a boss
    上司に相談をする
  • leave the office
    退社する
  • make a plan for tomorrow
    明日の予定を立てる
  • work overtime
    残業する

電話の「内線」

企業の電話番号は部署ごとにわかれているのが一般的だが、大企業では社員の数が多いため、さらにデスクごとに3~4桁のextension「内線番号」が割り振られていることがある。テストでは、ext.と省略されて出ることも多い。

残業(overtime)

決められた終業時間を過ぎて仕事をすること。職種によるが、日本は欧米に比べて残業時間数が多く、1人平均で1か月に20~30時間の残業をしている。





WebRTCで無料英会話