【TOEICビジネス問題対策】不動産・公共料金

テストではビジネスシーンばかりではなく、日常生活に関する話題も扱われ、その中でもよく取り上げられるトピックがあります。まずは「不動産」と「公共料金」です。家を探す人々に向けた空き物件の広告や、借主と大家や不動産代理店(real estate agency)とのやりとりは、テストでよく取り上げられます。また、公共料金の請求書(utility bill)に関する問い合わせや未払い金の督促なども、出題率の高いトピックです。

A 不動産

  • be accessible by public transportation
    公共交通機関で行ける
  • furnished apartment
    家具付きの部屋
    * apartmentは「アパートの1部屋」を指す。
  • be available
    空いている
  • residential property
    住宅用の物件
    * 商業用はcommercial property。
  • location
    立地、場所
  • open house
    オープンハウス、公開物件
    * 売り家の内見ができることを示す看板の表示。
  • meet requirements
    条件を満たす
  • monthly rent
    月々の家賃
  • require a deposit
    手付金を必要とする
    * depositには「保証金」「敷金」の意味もある。

furnished

アメリカのアパート物件にはfurnishedとunfurnishedがある。furnishedの場合、家電製品だけでなく、ベッド、ソファー、テーブルなどがついている物件も多い。

531981820


B 公共料金

  • meter malfunctions
    メーターの故障
  • power outage
    停電
    *「 断水」はwater outage。
  • utilities
    電気、ガス、水道サービス
    * これらのサービス全体を指す語。
  • unpaid bill
    未払いの請求書
  • late charge
    遅延損害金
  • pay utility bills
    公共料金を支払う
    * billは「請求書」。electricity billは「電気代の請求書」、water billは「水道代の請求書」。
  • be charged to one’s account
    (人)の口座に請求される
  • incorrectly reflect the balance due
    未払い金が誤って反映されている

due

さまざまな意味を持つ語だが、特にテストによく出るのは、形容詞の「(提出物の)提出期限が来た」 「支払期日が来た」という意味と、名詞の「当然支払われるべきもの」「料金」という意味。

 





WebRTCで無料英会話