TOEIC(R)テスト対策「副詞と形容詞の違い」の重要性

英語の「副詞」と「形容詞」、および名詞や動詞といった、品詞の違いを正しく区別することは、TOEICテスト対策のテクニックとして重要となります。というのも、リーディングセクションのパート5で出題される穴埋め問題の中で、品詞の区別がカギとなる問題が出題されており、語順や語形から品詞を判別できると英文の意味を考えずに回答できてしまう場合があるためです。

たとえば、名詞「essence」には、形容詞「essential」、副詞「essentially」などの語があります。これが穴埋め問題で「(1) essence (2)essentiality (3)essential (4)essentialness」の中から適切な語を選べ、というような主題のされ方をすることがあります。

410727805

問題文の穴あき部分(空欄)が、もし冠詞の直後にあるなら、空欄には名詞が入ります。
もし空欄の直後の名詞に係る形になっているなら、空欄には形容詞が入ります。
もし空欄の直後の動詞か形容詞に係る形になっているなら、空欄には副詞が入ります。

そして、選択肢は、語尾が「-ence」「-ity」「-ness」の形ならいずれも名詞、「-ly」の形なら副詞、と、単語の意味自体を考えるまでもなく語形から品詞を判断できます。このように考えると文章をじっくり考えなくても機械的に正解を見いだすことができるというわけです。

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話