小中学・高校生対象

のために考えた

オンライン英会話自立型個別学習

2020年に大変革を迎える英語教育。
これから需要が高まる小学校・中学校・高校での英語学習を
AZ ENGLISHなら簡単に充実させられます!

詳しくは資料請求下矢印

オンライン英会話+自立型個別学習で
これからの英語教育を塾でサポート!

  • オンライン英会話

    オンライン英会話

    15分間のマンツーマンのオンライン英会話レッスンで、何度も声に出し、上手に言えるようになるまで練習。オンライン英会話の後は塾でテキストやCDを活用してスピーキングの練習を行います。

  • プラス
  • オンライン英会話

    自立型個別学習

    単元の学習では並べ替え問題だけでなく、
    英作文問題も用意しています。
    自立型の学習なので、小学生・中学生・高校生同時に塾での指導が可能に!

2020年より英語の教育方針が変化

スピーキング リーディング ライティング リスニング4技能で評価

これまでの英語教育は英単語や文法重視の「リーディング」に重きが置かれていました。
しかし、それだけでは中々、英語を使えるようになることができなかったので、「リーディング」「スピーキング」「リスニング」「ライティング」の4技能を総合的に評価するような教育方針に変更となりました。
それに伴い、2020年度から教育内容が変化していきます

今までの英語指導だけではカバーが難しい

「小学3年生からの必修化」や「小学5年生からの教科化」など低学年から英語教育が行われることが決定しています。2020年を待たずに、2018年から英語教育の見直しが行われていきます。
今後そのことから、英語教育の需要はさらに高まっていくことが予想され、充実した学習塾向け英語学習コンテンツを用意しておくことが、経営としても他塾との差別化にも繋がります。

学習塾向け英語学習サービスAZ ENGLISH
でスピーキング対策にも対応

小・中学生、高校生対象 人件費削減 他塾との差別化

学校の先生や塾の先生は英会話の先生とは違い、スピーキングを指導した経験がほとんどないです。
その為、学校ではALTを用意して対応している学校も増えてきています。
塾でも新たにスピーキングを指導できる講師を用意するか、今の先生達にスピーキングを指導できるようになってもらわなければなりません。ただ、先生を一人増やすとなると、人件費もかかってしまいます。
学習塾のために考えたAZ ENGLISHなら、自立型個別学習だけでなく低価格の料金で英会話の指導が行えます。

詳しくは資料請求下矢印
英語教育の変化に対応した
指導と戦略を!

小学生
小学校の早期英語教育で生徒を囲い込み

現在 2020年度
小学5・6年 必修化:
週1コマ
教科化:
週2コマ
小学3・4年 規定なし 必修化:
週1コマ

小学校低学年から英語が必修化

基礎が分からなければ、生徒のモチベーションを維持することが難しくなります。
これまでの英語教育は中学生から教科としての指導がありましたが、これからは小学5年生から教科となり、必修化は小学3年生からとなります。
算数でいうと「割り算」を習う頃に英語を学習することとなります。割り算が苦手な子は、いつまでたっても算数・数学が苦手のままです。それと同様に英語も小学校の学習でつまずいてしまうと、英語が苦手なまま、中学へと進学することになります。

中学入試科目に英語が追加

英語が教科化されることで私立の中学受験の入試科目に英語が新たに加わります。(すでに採用している中学校もあります)どの塾もまだしっかりと英語教育の準備ができていない状況なので、小学校教育のうちから塾で英語を教えておくことで、中学生になっても継続して塾に通ってもらえることが期待できます。小学校教育のうちから塾でリーディング・ライティング・スピーキング・リスニングすべての対策ができるよう今から準備をしておきましょう。

\小学生の英語対策を塾で行うなら/
オンライン英会話自立型個別学習
簡単導入で内容充実のAZ ENGLISH
詳しくは資料請求下矢印

中学生
より難しくなる中学英語を塾で対策

英語の授業は英語で話す

英語の授業は英語で話す

4技能を強化する目的から、2020年度から中学の英語の授業は基本的に英語で行うことが決定しています。英会話が苦手な生徒は授業すらあまり理解できなくなり、悪循環に陥る可能性があります。

必要な英単語数も1,200語 から 1,600~1,800語に増加!

必要な英単語数も
1,200語 → 1,600~1,800語に
増加!

必要な英単語数も増加

小学校からの教科化により、中学で必要な英単語数も増加するとされています。
現状は1,200語程度にあるのに対して、今後は1,600~1,800語程度必要になるといわれています。

これまでと同じ対策では
高校受験に対応できません。
\中学生の英語対策を塾で行うなら/
4技能対策ができるAZ ENGLISH
高校受験対策を!
簡単導入で内容充実のAZ ENGLISH
詳しくは資料請求下矢印

高校生
英語の4技能化に向けて塾で徹底サポート

これから英語が総合的に評価される

聞く・読む→書く・話す・聞く・読む
  • 現状
    (センター試験)
  • 大学入学希望学力評価テスト
    (仮称)

大学入試が大きく変わり、
塾や学校で「話す」「書く」の学力を
どのようにアップさせるかが今後の競争のカギとなります。

これまで指導していた内容は半分しか役に立たず、
これからどのような指導を行えるかにかかっています。

オンライン英会話自立型個別学習では
全てに対応した指導を行うことができます。

また、弊社の別サービスで「書く」スキルをさらに強化するための「ライティングテスト」
ご用意しております。興味がある方はこちらもご確認ください。

資料請求フォーム

氏名
氏名を入力してください。
氏名(かな)
氏名(かな)を入力してください。
学校名
学校名を入力してください。
メールアドレス
メールアドレスを入力してください。
部署名
部署名を入力してください。
電話番号
電話番号を入力してください。
ご質問・ご不明点

「個人情報保護方針」に同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

個人情報保護方針

ウェブリオ株式会社(以下、「当社」という)では、個人情報の保護について以下のような考えのもと、取り組みをすすめていくことをお知らせ致します。

1.個人情報保護の理念

当社では、コンテンツ企画・作成、コンピュータシステムの開発、販売及びこれに関するコンサルティング業務を遂行するにあたり、個人情報を取り扱う場合がございます。個人情報保護に対する社会的なニーズの高まりや本人のプライバシー権の保護のため、取り扱う個人情報は、プライバシーマークの認定基準である、JIS Q 15001に基づいて、安全に保管し、取り扱うことを最大の課題と認識し、事業活動にかかわる全社員及び関係者に徹底していきます。また、社員(退職者、採用応募者も含む)及び取引先の個人情報も適切に取り扱うことをお約束致します。

2.個人情報の適切な取得、利用、提供に関して

当社では、事業の内容及び規模を考慮し、業務遂行に必要な範囲で個人情報の取得をおこないます。取得にあたっては、予め特定した利用目的をご本人に通知し、同意を得た上でおこないます。 個人情報の利用は、特定した利用目的の範囲内とし、利用目的を変更する際には、予めご本人に通知し、同意を得た上でおこないます。 個人情報は、法令に基づき適正に提供を要求された場合、および利用目的を遂行するために業務を委託する場合を除き、ご本人の同意なく、第三者に提供することはございません。 目的外の利用や提供を防止するため、個人情報の利用及び提供は、個人情報保護に関する内部の統括責任者(個人情報保護管理者)が、その適正性を確認した上でおこなっています。また、自主点検、内部監査等の活動を通じた統制活動も強化しております。

行動ターゲティング広告について
Weblioでは、顧客のウェブサイト閲覧情報や会員登録情報、各サービス利用情報などをもとに、顧客の興味・関心にあわせて、顧客ごとに有益と思われる広告を配信する「行動ターゲティング広告(パーソナライズ広告)」を提供しております。
行動ターゲティング広告とは、Weblioおよび、第三者サイトにて閲覧した広告、クリックされた広告、およびその他の行動、Cookieを利用して、顧客ごとに、より有益と思われる広告を配信する技術です。

「行動ターゲティング広告」の停止をご希望される方は、お手数ですが以下の手順に従い無効化してください。
ご利用のブラウザによってCookieを無効にする手順は異なります。

以下のブラウザ以外をご利用の場合は、各ブラウザのサポートセンターにお問い合わせ下さい。

Firefox:クッキーを無効にする
https://support.mozilla.org/ja/kb/enable-and-disable-cookies-website-preferences

Google Chrome:クッキーを無効にする
https://support.google.com/accounts/answer/61416?hl=ja

Internet Explorer:クッキーを無効にする
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/delete-manage-cookies#ie=ie-11

Safari:クッキーを無効にする
http://support.apple.com/kb/PH5042?viewlocale=ja_JP

以降、お客様に対して該当広告は停止されますが、通常のバナー広告については配信が行われます。
また、ブラウザの変更、クッキーの削除及び新しいPCへ変更等の場合には再度オプトアウトが必要となりますのでご了承ください。

3.個人情報保護のための安全管理策
  1. 個人情報の漏えい、滅失、毀損等に対する予防措置
    当社では、個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するための厳重なセキュリティー対策を実施しております。また、これらを徹底するため、従業員への教育・監督をおこなっています。個人情報取り扱い業務を社外に委託する場合は、委託先の選定や監督を厳重におこなっております。
  2. 個人情報の漏えい、滅失、毀損等に対する是正措置
    万が一、個人情報の漏えい、滅失、毀損等が発生した場合は、被害拡大防止を最優先とし、速やかに是正措置を講じるとともに、原因究明をおこない、再発防止に努めます。また、事故に関する情報について、必要な範囲で関係者、関係機関に報告します。
4.法令、国が定める指針、その他の規範の遵守

当社は、個人情報に関する法律および関係法令、主務官庁の指針、所属団体などの規範等を遵守します。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

当社は個人情報の保護に関するマネジメントシステムを役員および従業員に周知徹底します。また、これを実行し、維持するとともに定期的に見直しをし、継続的改善に努めます。

6.個人情報に関する苦情、相談への対応

当社に対して、個人情報の取り扱いに関する苦情の申し立て、相談をおこなう場合は、下記の個人情報保護事務局へお願いします。また、当社の個人情報保護方針に対するお問い合わせに関しても下記にて対応いたします。

個人情報保護方針
窓口 〒163-0646 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階
ウェブリオ株式会社 個人情報保護事務局 宛
電話番号 03-6911-3910(平日9:00~17:00)
受付時間 9:00~17:00(土曜・日曜・祝日・年末年始は除く)
お問い合わせフォームはこちら

ウェブリオ株式会社
代表取締役社長:辻村 直也
制定日 2014年8月27日

個人情報に関する公表事項

ウェブリオ株式会社(以下、「当社」という)では、個人情報の保護について以下のような考えのもと、取り組みをすすめていくことをお知らせ致します。

1.個人情報の利用目的の公表に関する事項

ウェブリオ株式会社(以下、「当社」という)が保有する個人情報の利用目的は、下表の通りです。(※)が付された個人情報については、開示対象個人情報として、当社に対して利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止のご請求をおこなうことができます。

個人情報の種類 利用目的
応募者情報※ 弊社が必要とする人材の採用判断のため。
在職者情報※ 人事管理業務及び業務の連絡のため。
退職者情報※ 法定で定める退職者の人事管理業務及び懇親等の必要に応じた連絡のため。
受託開発の際にお預かりした個人情報 システムへ実データをインポートするため
システム保守の際に閲覧可能な個人情報 顧客の依頼に基づきシステム保守業務を実施するため
お取引先情報※ クライアント企業や協力会社の担当者との業務連絡のため。
キャンペーン・懸賞等にご応募いただいたお客様の個人情報※ 抽選(重複当選の調査を含む)、および景品発送のため。
個別に同意をいただいた場合のみ、メールマガジン、ダイレクトメール等により当社および応募対象商品に関する案内を送付させていただくことがあります。
メールマガジン購読のお申し込みをいただいたお客様、およびメールマガジン配信にご同意いただいたお客様の個人情報※ 新商品情報、キャンペーン情報などの情報を提供するため、メールマガジン配信のため。
アンケート、その他の調査にご協力いただいたお客様の個人情報※ 新商品開発、商品・サービスの品質向上、その他マーケティング活動のため、個人を特定しない統計的情報の形で利用のため。
お客様問い合わせ窓口へお寄せいただいた個人情報※ お問合せへの回答およびその対応のため。なお、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただく場合もあります。また、当社の記録保管(製造物責任法に必要な書類の保存義務に基づくものを含む)のため。
商品問い合わせメール・ダイレクトメール送付にご同意いただいたお客様の個人情報※ 商品情報、キャンペーン情報などの情報を提供するため、問い合わせ対応メール・ダイレクトメールを送付するため。
サイトにご登録いただいたお客様の個人情報※ 本サービスを提供するため
お客様の趣味・嗜好に合わせてサイトのページ上の情報、本サービスおよび広告配信をカスタマイズするため、本サービスにおけるコンテンツやサービス内容を、より充実させるため、お客様の趣味・嗜好等についてのアンケートを行うため、本サービスに関する統計データ作成の参考とするため、お客様の許可を得た上で、メールアドレスにメールマガジン、ダイレクトメールを送信するため、商品やプレゼント等の発送を目的とした業務に使用するため 、当社がお客様に何らかの連絡をするため、当社が運営委託を受けたサービスの運営のため。
商品問い合わせメール・ダイレクトメール送付にご同意いただいたお客様の個人情報※ 商品情報、キャンペーン情報などの情報を提供するため、問い合わせ対応メール・ダイレクトメールを送付するため。
2.開示対象個人情報に関する周知事項

当社は、開示対象個人情報の取扱いにあたり、下記の事項を公表いたします。

  1. 当社の名称
    ウェブリオ株式会社(東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階)
  2. 個人情報保護管理者
    経営企画室マネージャー
  3. すべての開示対象個人情報の利用目的
    「1.個人情報の利用目的の公表に関する事項」参照
  4. 開示対象個人情報の取扱いに関するお問い合わせ・苦情等の申し出先
    申し出先の名称 個人情報保護事務局
    住所 〒163-0646
    東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階
    電話 03-6911-3910
  5. 当社が属する認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出先
    認定個人情報保護団体の名称 一般財団法人日本情報経済社会推進協会
    苦情の解決の申出先 個人情報保護苦情相談室
    住所 〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル
    電話番号 03-5860-7563
    0120-700-779
  6. 開示等の請求方法
    「3.個人情報の開示等のご請求に応じる手続き」参照
3.個人情報の開示等のご請求に応じる手続き

当社は個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去又は第三者への提供停止のご請求及び個人情報に関する苦情・ご相談については、個人情報保護事務局(電話:03-6911-3910 [受付時間:平日9:00~17:00])にて承ります。ただし、請求頂いた個人情報につき、法令等の規定により個人情報を開示できない場合や当社の個人情報保管期間を過ぎた個人情報の場合についてはお客様の個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去、又は第三者への提供停止に応じることができませんのでご了承下さい。

個人情報の開示等のご請求される皆さまは、「個人情報お問い合せ申請書」をこちらからダウンロードし、必要事項をご記入の上、個人情報保護事務局までお送り下さい。

【お送りいただくもの】

所定の用紙に以下の事項の記入してください。

  1. ご本人様の住所・氏名・電話番号とご捺印
  2. 請求日
  3. 開示をお求めになる個人情報を特定するための情報
【お送り先】

住所:〒163-0646
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階
個人情報保護事務局 宛

当社では、上記の請求を受領した場合は、必要な調査を実施した上で、上記書類到着後2週間以内に書面にて回答致します。回答にあたっては、なりすましによる個人情報の漏えいを防止する目的で、本人確認郵便を用いますので、ご了承ください。ご請求される方が代理人の場合には、別途ご連絡ください。


Page top