Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話

なぜ生徒は英会話の授業が嫌いなのか? その理由と対策方法

2020年度から、小学校5年生と6年生で英語科目が教科として扱われるようになります。英語を使って世界で活躍できる人材を育成するために、これまでの読み書き中心の英語教育から、英語を使ったコミュニケーションに力を入れた英語教育へと変化していきます。

 

一方、全ての生徒が積極的に英語で話すことを楽しんでいるというわけではなく、英会話の授業が嫌いという生徒も少なくありません。話すことへの苦手意識を、どのように克服していけばいいのでしょうか。

英会話の授業が嫌いな生徒は実はたくさんいる

日本の英語教育は、これまで「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能のうち、「読む」「書く」を中心に授業が進められてきましたが、グローバル化を視野に入れて、実際に英語を使いこなせる人材の育成に力が入れられつつあります。文部科学省の「今度の英語教育の改善。充実方策について 報告〜グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言」では、小学校中学年から「外国語活動」を開始し、英会話を通じて音声に慣れ親しませながらコミュニケーション能力の素地を養うとしています。「話す」「聞く」の技能についても使いこなせることが求められています。

文部科学省の「小学校外国語活動実施調査」によれば、「授業でどの程度(英語が)できていると思うか」という質問に、中学2年生の4人に3人が「発音練習や英語の音読ができている」と答えたのに対して、「自分の意見や考え、感想などを英語で発表すること(スピーチやプレゼンテーション)ができている」と答えたのは半数、「ディベートやディスカッションをすることがほぼできている」と答えたのは5人に1人でした。

出典:平成26年度 小学校外国語活動実施状況調査の結果[概要](文部科学省)

 

文部科学省の方針とは裏腹に、授業で発音練習や英語の音読など「言われた通りに練習する」ものについてはできているという実感があっても、スピーチやプレゼンテーション、ディベートやディスカッションなど、「自発的に発信する」ことについては苦手意識を持っている生徒が多いということがわかります。「好き」「嫌い」で問われるならば、英会話の授業が嫌いという生徒はさらに増える可能性があります。

生徒は英会話授業のモチベーションが保ちづらい

日本の英語教育は、これまで「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能のうち、「読む」「書く」を中心に授業が進められてきました。生徒にとっても、英語を学ぶ目的の多くは入学試験に合格することだったため、教える側と教えられる側の目的は、一致していたといってよいでしょう。

 

グローバル化に対応するために、「聞く」や「話す」、特に英会話を通じた実践的なコミュニケーションに力が入れられるようになり、教育する側は大きく変化してきました。しかし、生徒にとっては、英語を学ぶモチベーションはむしろ曖昧になっています。新入社員を対象に、「海外で働きたいと思うか」の質問に対して、「働きたいとは思わない」と考えている人は半数以上に及びます。「グローバル人材になって欲しい」という教育方針に対して、教育を受ける側の実感が伴っていないのが現状です。

出典:

関連資料・データ集(経済産業省)

「第7回新入社員のグローバル意識調査」 – 学校法人産業能率大学

授業で「英会話を実際に使える場所」をどのように作るか

生徒が英語で自発的にアウトプットするには、適切な動機付けが大切です。日本での生活においては、ほとんど誰に対しても日本語が通じ、日本国内でも日本語が十分に活躍できるフィールドがあることから、英語によるコミュニケーションを敢えて身に付けようという実感が湧きにくいと考えられます。仮に、小学校からの英語活動を通じて、英語を使ってコミュニケーションを行うことの楽しさを体験したとしても、実際に使用できる場所がなければ、他のさらに優先度の高い活動に押されて、英語で話すことに対するモチベーションは低下していくのも自然なことでしょう。

 

英語のコミュニケーションを実現できる場が用意されれば、生徒は英語で会話することの有効性を体感することができるでしょう。自発的なアウトプットへの苦手意識を克服するために努力するでしょうし、英会話の授業への取り組み方も変わってくるでしょう。英会話の授業に、オンライン英会話を導入するという選択肢もあります。ネイティブスピーカーと英語で話すことで、外国の文化や習慣に対する理解を深め、主体的に英語語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度が養われていくでしょう。

関連サイト

今度の英語教育の改善・充実方策について 報告〜グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言 –  文部科学省

小学校外国語活動実施調査 – 文部科学省

若者の内向き志向 – 経済産業省

生徒の英会話力を伸ばすにはweblio英会話がお薦めです

2020年度から導入される大学入学共通テストでは、「読む」「書く」「聞く」の技能に加えて、「話す」技能も評価されるようになります。weblioオンライン英会話で発話量を増やして、「話す」「聞く」の英会話力を伸ばしていきましょう。この機会に是非ご利用ください。

 

weblioオンライン英会話の導入をご検討中の方、迷っているという方もまずはお気軽にお問合わせください!
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ
お電話でのお問合わせは当日対応
【受付日時】10:00~17:00(土日祝休)
法人向け英語研修 - 格安オンライン英会話Weblio英会話 weblioオンライン英会話学校向けサービス
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話