Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話

高校の英語授業における「ロールプレイ」の進め方

高校生の英語によるアウトプット力を高める学習法の1つに、「ロールプレイ」(role play)があります。ロールプレイのロールとは日本語で「役割」、プレイは「演技」という意味で、与えられた役になりきって、英語で話しながら演技をするというものです。

 

ロールプレイでは、生徒が英語の台本を作り、英語で演技をするので、英語による「書く」能力と「話す」能力の向上が期待できます。高校の英語授業におけるロールプレイの進め方を見ていきましょう。

まずは先生がロールプレイの手本を見せよう

初めてロールプレイを体験する生徒のために、まずは先生がロールプレイの手本を見せるとよいでしょう。台本を作成して、プリントアウトしたものを生徒に配ります。会話文に文法事項を取り入れることで、文法の学習を兼ねることもできます。下の台本例は、母親(A)と期末試験を控えた息子(B)との会話で、仮定法を取り入れています。

 

ロールプレイの台本例

 

A:You are going to have the final exams next week, aren’t you?

B:Yes, mom. So what?

A:Have you been ready for the exams? I know you went to bed early last night, and after you came home from school today, you have been watching TV. When will you study?

B:Don’t worry about that. I will.

A:I want to know WHEN you will study.

B:Stop nagging me, mom.

A:What did you say? Say that again.

B:STOP NAGGING ME.

A:I only worry about your future. Don’t you remember what you said when the last exams were over?

B:No. What did I say?

A:You said, “ I should have begun to study for the exams earlier. I have no time to prepare for all of them. “

B:Okay, okay. I will never say that again. (He talks to himself.) If I had not said such a thing, I could continue to watch TV.

A:Well, I WILL stop nagging you. Now, you STOP watching TV, and go to your room. That’s what you should do now.

 

ロールプレイでは、2人がペアになって演技をします。ALTに手伝ってもらうなどして生徒の前で演じます。生徒の手本になるので、感情を込めて、身振り手振りしながら演技しましょう。

生徒にロールプレイを体験させよう

先生が手本を見せたら、次は先生の作った台本を使って生徒にロールプレイをさせます。2人1組のペアを作って、音読の練習をさせましょう。生徒には、発音に強弱をつけること、ボディランゲージ使うことなどをアドバイスします。

 

音読の練習が終わったらロールプレイをしてもらい、生徒の話す能力を評価します。

 

最初のうちは、先生が用意した台本を使ってロールプレイをして、慣れてきたら生徒に台本を作らせるとよいでしょう。次の台本例を参考にしてください。

 

ロールプレイの台本例1

 

道に迷った外国人(A)と応対する高校生(B)との会話です。文法事項として関係副詞を使っています。

 

A:Excuse me. Do you speak English?

B:Yes, but just a little.

A:Oh, I felt relieved to hear that. Are you a neighbor around here?

B:Yes. Can I help you?

A:Yes, if it is possible. I’ve just arrived here and I’m completely lost. Would you show me the way to this address on this map?

B:Sure. This is where we are now. You go down this street for five blocks, and you will see a bank on your left. Then you turn left and walk straight for two blocks. That must be the address you are looking for. If you don’t mind, I will accompany you to that address. I was just on the way to that bank.

A:That’s very kind of you. I don’t know what to say. I really appreciate your kindness. I was in a panic, because I was not sure where I was and how I would go to the address I should find out.

B:I’m very happy I can help you. May I ask where you are from?

A:Sure. I’m from the UK. I live in London.

B:From London! I’ve never been there, but that’s one of the places where I really want to go. Now, we’ve arrived. This is the address you were looking for.

A:Thank you so much. See you in London. Good bye.

 

ロールプレイの台本例2

 

ブティックの店員(A)と客(B)が、商品についてのやり取りをするシーンです。文法事項として、関係代名詞のwhatを使っています。

 

A:Good afternoon. May I help you?

B:Ah, yes. Actually I’m looking for a dress to wear on my cousin’s wedding reception.

A:When will it be held?

B:Next month.

A:How do you like this one?

B:Oh, what a beautiful dress! But it seems large enough for me. Don’t you have a smaller one?

A:Unfortunately, no. But we have some smaller ones in other colors such as blue, yellow.

B:Well, what I want is a pink dress. Don’t you have another style?

A:How about this dress? This one is smaller than that one.

B:Oh, this one is just what I really want. Can I try it on?

A:Yes, of course. The fitting room is over there. This way, please.

B:Thanks. Oh, it fits me well. Does it look good on me?

A:Yes, it looks good on you and it fits closely.

B:Also, I need a bag that goes with the dress.

A:Well, the color that goes with this dress is black. How do you like this one?

B:Oh, I love it. Thank you for your advice. Can I use the credit card?

A:Yes, of course.

生徒に台本を作らせよう

生徒がロールプレイに慣れてきたら、生徒に台本を作らせましょう。1人が2人分の台本を作ってもよいですし、ペアで作ってもよいでしょう。台本を作る際には、あらかじめ「関係代名詞を1つ以上入れること」「過去完了形を1つ以上入れること」といった指示を出しておきます。

 

台本が完成したら、クラスの前で演じさせましょう。英語に誤りがあったらロールプレイの後に指摘して、もう一度チャレンジさせます。

ロールプレイの授業におけるCAN-DOリスト

ロールプレイの授業で、生徒がどの程度の英語力を身に付けたかを図るために、CAN-DOリストの活用がすすめられます。

 

ロールプレイにおけるCAN-DOリストの例

  • ある程度のまとまりのある文章を書くことができる
  • 与えられた文法事項を使って文章が書ける
  • 語彙や文法を適切に使い分けて文章が書ける
  • 発音に強弱をつけて話すことができる
  • ボディランゲージを使いながら話すことができる
  • 演者の英語を聞き取って内容を理解することができる

関連サイト

英語授業におけるアクティブ・ラーニングの一考察 – 大阪女学院大学

授業実践事例 – 次世代型教育推進センター

教育課程、目標、内容及び指導方法 – 文部科学省

各中・高等学校の外国語教育における「CAN-DOリスト」の形での学習到達目標設定のための手引き – 文部科学省

高校生の英語力アップにはオンライン英会話「weblio英会話」がお薦めです

英語の「話す」能力や「聞く」能力をアップさせるには、weblio英会話がお薦めです。weblio英会話では、発話量に重点を置いたレッスンで、生徒の話す力や聞く力がぐんぐんと伸びていきます。大学受験対策や英検対策にも活用できる「weblio英会話」をこの機会にぜひお試しください。

関連タグ
英語教育ニュース
人気ランキング
  • 週 間
  • 月 間
weblioオンライン英会話の導入をご検討中の方、迷っているという方もまずはお気軽にお問合わせください!
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ
お電話でのお問合わせは当日対応
【受付日時】10:00~17:00(土日祝休)
FAXで送る方はこちら
専用のFAX用紙に記入の上、
下記番号に送付してください。
03-6911-3916
法人向け英語研修 - 格安オンライン英会話Weblio英会話 weblioオンライン英会話学校向けサービス
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話