Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話

日本の小学校の英語教育の現状とアジア3か国との比較

学習指導要領の改訂により、2020年度から小学校3年生から英語の授業が始まります。文部科学省が公開した「小学校英語の現状・成果・課題について」によれば、日本の英語教育は、中国や韓国、台湾などのアジアの国々と比較すると、導入時期や開始学年、年間授業時間などで後れを取っていることがわかりました。

 

日本の小学校と、中国や韓国、台湾の小学校の英語教育を比較してみました。

日本の小学校における英語教育の現状

日本の小学校では、2011年度から小学校5年生と6年生を対象に、外国語活動の1つとして英語の授業が週に1コマ行われています。

 

授業では、児童が英語の歌やゲームを通じて音声や表現に慣れ親しむ活動が中心となっています。小学校では、4技能のうち「話す」「聞く」に重きが置かれており、中学校に入ってから「読む」「書く」の授業が本格的に始まります。

 

英語の授業は学級担任が主に行っていますが、半分以上の授業はALTを活用した授業が行われています。小学校におけるALTの活用は、中学校、高等学校に比べて多いという結果が出ています。文部科学省が、外国語指導助手(ALT)等の任用・契約形態別人数等の状況(平成28年度)を公開しています。ALTの活用は小学校では、中学校に比べて約2.8倍、高等学校に比べて約6.3倍という結果でした。

出典:平成28年度外国語指導助手(ALT)等の任用・契約形態別人数等の状況(文部科学省)

 

現行の学習指導要領では、小学校5年生と6年生は年間35時間の英語授業が必修とされています。加えて、総合的な学習の時間に国際理解を深める学習の一環として、外国語活動ができるようになっています。

アジア3か国よりも遅れを取っている日本の英語教育

文部科学省が公開した「小学校英語の現状・成果・課題について」に、日本の小学校と中国や韓国、台湾の小学校の英語教育について比較したデータが掲載されています。

出典:小学校の英語教育の現状・成果・課題について(文部科学省)

 

小学校で外国語教育が始まった時期を見てみると、1997年に導入した韓国が最も早く、続いて2001年に中国台湾が導入し、日本は2011年に導入しています。英語の授業が始まるのは、中国や韓国、台湾では3年生で、日本は5年生からとなっています。1週間の英語の授業数は、中国では週4回以上と他の3か国よりも多くなっています。

 

外国語教育の導入時期や開始年次、授業時数について日本は他の3か国よりも低い水準にあることがわかります。日本は、英語授業を小学校3年生から始めることを決めたり、小中高連携で一部の小学校に「英語科」の授業を設けるなどして外国語教育の推進を図っています。

関連サイト

小学校における英語教育の在り方に係る現状と課題、主な意見 – 文部科学省
小学校外国語活動サイト – 文部科学省
幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について – 文部科学省
学校の授業時間に関する国際比較調査 – 文部科学省
小学校における英語教育の充実について – 文部科学省
小学校における英語活動の研究 – 野瀬範裕

英会話で「話す」「聞く」の技能を伸ばしましょう

小学校の英語授業では「話す」「聞く」の2技能をの向上を図っていきます。この2つの技能をアップさせるには英会話がお薦めです。Weblioでは、発話量に重点を置いたオンライン英会話サービス「weblio英会話」を提供しています。貴校のカリキュラムに沿ったレッスンもご提供させていただきます。この機会にぜひお試しください。

weblioオンライン英会話の導入をご検討中の方、迷っているという方もまずはお気軽にお問合わせください!
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ
お電話でのお問合わせは当日対応
【受付日時】10:00~17:00(土日祝休)
法人向け英語研修 - 格安オンライン英会話Weblio英会話 weblioオンライン英会話学校向けサービス
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話