Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話

英検3級のライティングテストで問われる英語力とは?

日本英語検定協会の主催する英検(実用英語技能検定)では、2017年度の第1回英検試験から、英検準2級と英検3級にライティングテストを導入しています。ライティングテストの導入により、英検3級では「読む」「聞く」「書く」「話す」の英語4技能の総合的な英語力が求められるようになりました。

 

英検3級のライティングテストでは、どのような英語力が求められるのでしょうか?

ライティングテストでは文章を組み立てる力が求められる

英検3級のライティングテストでは、「内容」、「構成」、「語彙」、「文法」の4つの観点で採点が行われます。4つの観点は、それぞれ0点から4点で採点され、合計16点満点で採点します。なお、ライティングテストが加わったことで、従来出題されていた語句の整序問題は廃止されました。試験時間は、40分から50分に延長されました。4つの観点を意識して、時間内に文章を組み立てる力が求められます。

 

「内容」に関する観点

内容に関する観点では、問題文で求めている内容が含まれているかどうかが採点基準になります。また、自分の考えと、それに沿った理由を2つ述べる必要があります。

 

例えば、「What is your favorite season?」という質問に対し、「summer」と単語のみの解答や、「My favorite season is summer.」と考えを述べただけの解答では減点となります。「My favorite season is summer.」に加えて、「My school has a long vacation. My friends and I can go swimming in the sea.」といった2つの理由を述べなければなりません。高得点を狙うには、「楽しいから」「好きだから」というだけでなく、「My school has a long vacation.」のような、具体的に理由を示す必要があります。

 

「構成」に関する観点

構成に関する観点では、英作文の構成や流れがわかりやすく論理的であるかどうかが問われます。「What is your favorite season?」の質問に、「My favorite season is summer. My school has a long vacation.」と書いてしまうと、自分の意見と理由が明確に示されません。1文目と2文目との間に「I have two reasons.」をといった前後の流れをつなげる文をはさむことで、流れのある英文になります。

 

「語彙」に関する観点

語彙に関する観点では、問題文に相応しい語彙を正しく使えているかどうかが問われます。英語以外の言葉を使う時は、その言葉の説明を加えて丁寧に書くことが大切です。例えば、好きな季節に関する質問で、「浴衣を着ること」を理由に挙げる場合は、「I enjoy wearing yukata.」に続いて「Yukata is a traditional Japanese costume.」といった説明を加えます。

 

「文法」に関する観点

文法に関する観点では、文法的に正しい英文が書けているかどうかが採点基準になります。theのような冠詞や、文末のピリオドの付け忘れには注意が必要です。日頃から正しい英文が書けるように練習を重ねておきましょう。

英検3級では自分の考えと理由を具体的に述べることが大切

日本英語検定協会では、英検3級のライティングテストを解く際の6つの注意点を公表しています。1つ目は、問題に答えていない、または問題とは関係のない内容が含まれている場合はすべての観点で0点と採点されることがあるということです。文字数が足りないからといって、関係のない内容を記述しないよう注意しましょう。

 

2つ目は、自分の考えに対する理由が矛盾していることです。例えば、「夏と冬のどちらが好きですか?」の問題に対して、夏が好きと述べたにもかかわらず、「夏は暑くてあまり好きでない」と書くと矛盾した解答となるので減点の対象になります。3つ目は、英語以外の言葉を使っている場合です。英語以外の言葉を使わなければならない時は、その言語を理解できない人にも分かるように説明を加える必要があります。4つ目は、提示された条件を満たさない解答です。解答した英文が極端に短かかったり、理由を2つ書かなかったりした場合です。英検3級のライティングテストでは、「自分の考えとその理由2つ」を書く必要があります。

 

5つ目は、自分の考えをはっきりと書かないことです。「AとBのどちらが好きですか?」の問題に対して、「Aのほうが好き」、あるいは「Bのほうが好き」と明確にしないまま理由だけ書くことは減点の対象になります。6つ目は、全体の構成がわかりにくい場合です。構成を分かりやすくするには、becausesofor examplealsoなどの接続詞を使うとよいでしょう。

 

関連サイト

実用英語検定『準2級』、『3級』に来年度からライティングテストを導入、4技能化へ~それに伴い「準2級」、「3級」の検定料を改定~ – 公益財団法人日本英語検定協会

ライティングテストの採点に関する観点および注意点(3級) – 公益財団法人日本英語検定協会

Dr.Writeの英検3級ライティングテストに挑戦! – 公益財団法人日本英語検定協会

各級の目安 – 公益財団法人日本英語検定協会

英検3級のライティングテスト対策ならWeblioのライティングテストがお薦め

英検3級のライティングテストの対策には、Weblioが提供する「ライティングテスト」がお薦めです。Weblioのライティングテストでは、専属の翻訳のプロが、生徒一人ひとりの答案を丁寧に添削します。個別苦手分野レポート付きなので普段の授業で活用できます。この機会にぜひご利用ください。

 

weblioオンライン英会話の導入をご検討中の方、迷っているという方もまずはお気軽にお問合わせください!
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ
お電話でのお問合わせは当日対応
【受付日時】10:00~17:00(土日祝休)
FAXで送る方はこちら
専用のFAX用紙に記入の上、
下記番号に送付してください。
03-6911-3916
法人向け英語研修 - 格安オンライン英会話Weblio英会話 weblioオンライン英会話学校向けサービス
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話