Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話

小学校の英語教育にはオンライン英会話の活用がお薦め

学習指導要領の改訂により、2020年度以降は小学校3年生から英語の授業が始まります。小学校の英語授業では、主に「話すこと」と「聞くこと」に重点が置かれています。

 

最近では、英語の授業にオンライン英会話を導入する学校が増えてきました。オンライン英会話は、インターネットを通じて英会話レッスンができるサービスです。マンツーマンでのレッスンも可能で、児童1人ひとりの英語力や目標に応じたレッスンが受けられます。オンライン英会話を活用して、児童の英語力アップを図りましょう。

オンライン英会話で児童の発話量が増える

オンライン英会話では、ネイティブとマンツーマンでレッスンが受けられます。児童の発話量が増え、話す力や聞く力を伸ばすことができます。教員やALTが授業をする場合は、1対多数で会話することになるので、児童の発話量はオンライン英会話の時よりも少なくなります。

 

児童は、ネイティブと会話するからといって、多くの語彙や表現を覚えておく必要はありません。自分の知っている簡単な表現や文法だけ使えば十分です。「Hello」や「Nice to meet you」といった基本的な挨拶さえできれば、あとは講師が会話を進めていってくれます。少しでも話せるようになれば英語で話す喜びや楽しみを感じ、英語への学習意欲も高まるでしょう。

 

児童の英語力はまちまちで、どのレベルに合わせて授業を進めていけばよいか迷うことがあります。オンライン英会話では、児童の英語力に合わせてレッスンの内容を変えることができます。難しすぎて置いてきぼりになる心配はありません。

レッスン後の復習で英会話力をさらにアップさせる

児童には、オンライン英会話用のノートを用意させて、講師からのアドバイスを書くように指導するとよいでしょう。英会話レッスンのない日は、ノートに書かれた課題をこなして次のレッスンに備えるとよいでしょう。

 

英語の授業は小学校1年生から始まることが検討されている

2018年現在、小学校では5年生と6年生で英語の授業があります。授業は、「話す」「聞く」の活動が中心で、英語の音声や表現に慣れ親しむことを目的として、英語の歌やゲームを通じた授業が行われています。

 

文部科学省の「外国語教育における新学習指導要領の円滑な実施に向けた移行措置(案)」によれば、2020年度には小学校3年生と4年生を対象に本格的な英語の授業が導入される予定です。2020年度以降には、小学校1年生から英語の授業の導入が検討されています。

 

小学校における英語の授業の重要性は年々高まってきています。2020年度から始まる大学入試共通テストでの英語の試験では、従来の「読む」「聞く」から「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能が測られることになります。英語の話す力や聞く力は高校生になっても問われるでしょう。英語の習い始めである、小学生の頃から英語を話す、聞く活動はしっかり習得しておいたほうがよいでしょう。

関連サイト

外国語教育における新学習指導要領の円滑な実施に向けた移行措置(案) – 文部科学省
学習指導要領「生きる力」 – 文部科学省
生徒の英語力向上推進プラン – 文部科学省

小学校の英語学習にはweblio英会話がお薦め

英語の「話す力」と「聞く力」を伸ばすには、発話量を増やすことが大切です。Weblioでは、発話量に重点を置いたオンライン英会話サービス「weblio英会話」をご提供しております。この機会にぜひお試しください。

関連タグ
英語教育ニュース
人気ランキング
  • 週 間
  • 月 間
weblioオンライン英会話の導入をご検討中の方、迷っているという方もまずはお気軽にお問合わせください!
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ
お電話でのお問合わせは当日対応
【受付日時】10:00~17:00(土日祝休)
FAXで送る方はこちら
専用のFAX用紙に記入の上、
下記番号に送付してください。
03-6911-3916
法人向け英語研修 - 格安オンライン英会話Weblio英会話 weblioオンライン英会話学校向けサービス
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話