Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け
コラム
インバウンド

ビジネス英語研修はプラン設定がカギ

法人向け英語研修についてはさまざまなサービス内容が展開されており、思いがけず「まさにぴったり」というユニークなプランが見つかることがあります。英語研修の目的を明確にしてプラン設定をすることで、効率良くスキル向上を目指しましょう。

探せば見つかる各社独自の法人向けサービス

英語研修に明確な目的がある場合には、しっかりとプランを探せば、その目的に特化した最適なプラン設定が見つけ出せるかもしれません。

例えば異文化理解プランやシリコンバレーに特化したプランもあれば、英文Eメール対策・TOEIC対策のためのオリジナルテキストが作られているプランもあります。

―新入社員向けから役員向けまで、対象者別のプランも有用

新入社員と役員では、求められる英語の要件も変わってきます。要件を押さえた法人向け研修プランを活用しましょう。

例えば新入社員・内定者向けプランでは、レベルごとに簡単な自己紹介や電話応対など基本的な英会話研修が行われ、役員向けプランでは、マネジメント層に求められる接待や交渉などで使用する高度な英会話研修が行われる、というところが多いようです。

オンライン英語研修でコスト削減

研修コストを削減したい場合は、オンラインの英語研修も一手です。
メジャーである講師派遣や教室通学に比べて安価で、移動時間の削減により時間の節約にもなります。

例えば、レッスン内容をPCに保存できるというオンラインの強みを生かした英語研修を利用することで、復習によって記憶の定着を助けることができるでしょう。

―学校でオンライン英会話を導入、未来のビジネスマン育成に期待

オンライン英会話では、1度にクラスの全員がネイティブ講師と英会話レッスンを受けることができます。

通常の授業では、30名の教室に日本人教師とネイティブの教師が一人ずつ、といった状況。1対1での英会話は実現困難です。
将来ビジネスでも必要とされる、英語の「話す力」。その育成に、オンライン英会話の導入を始める学校が増えています。

目的達成のために効果的なプラン設定を

法人向け英語研修において、プラン設定はその後の目標達成に大きく影響します。どのプランが最適か、よく見極めたいところです。
例えば「新入社員に異文化理解のスキルを身につけさせたい」場合は、基礎的な英会話を学ぶ「新入社員向け」プランよりも、「異文化理解コース」を適用する方が効果的かもしれません。闇雲に英語力向上を目指してTOEIC対策プランを用いるよりも、英文Eメール特講の方でEメールにフォーカスする方が効率が良いかもしれません。工夫次第で効率の良いプラン設定が可能となるでしょう。

カテゴリー
関連タグ
ビジネス英語研修はプラン設定がカギ weblioオンライン英会話法人向けサービス
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け