Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話
コラム
英語学習

英語の現在単純形を学ぶ

英語の動詞は、時制(現在、過去、未来)と、アスペクト(単純形、進行形、完了形、完了進行形)で形が変化していきます。時制が現在で、アスペクトが単純形の動詞を現在単純形と呼びます。現在単純形は、中学校1年生の初期に学習する内容ですが、実感として理解しようとすると難しいところがあります。

 

 

PEN英語教師塾の動画「時制:現在単純形」から、現在単純形について学んでいきましょう。講師は、慶應義塾大学名誉教授・ココネ言語教育研究所所長の田中茂範先生です。動画の長さは約13分です。

現在単純形の基本的な表現

次の英文は、現在単純形を使った基本的な表現です。

 

I play the violin.

バイオリンを演奏します

 

I wake up at six o’clock every morning.

毎朝6時に起きます

 

I have six computers.

6台のパソコンを持っています

 

下線を引いた play や wake up 、 have が現在単純形になっています。

現在単純形の機能

現在単純形は、静止画的(スナップショット的)に物事を表現する時や、状態を表す時など、動きや変化を伴わない表現で使います。

 

例えば、漫画でポパイが I eat my spinach.(ほうれん草を食べるぞ)と言ってから、ほうれん草を食べ出す場面では、動作直前の状態を現在単純形で表現します。

 

手品師がショーで話す時も現在単純形がよく使われます。

 

Now, I take this hat. I put it on the table. See, nothing in it. I cover the hat with this cloth. I take off the cloth. And …. Wow! A dove!

ここに帽子を取ります。テーブルの上に置きます。ほら、何もないでしょう。その帽子にこの布をかぶせます。さあ、布をとりますよ。わあ!ハトが出ました!

現在単純形は習慣化した表現によく使う

現在単純形は、習慣となっていることを表現する時によく使います。

 

I jump out of bed at seven.

7時にベッドを飛び起きる

 

I wash my face every morning.

毎朝顔を洗います

 

I brush my teeth.

歯を磨きます

 

I put on the clothes.

服を着ます

本来の状態を表す動詞は現在単純形を使う

状態を表す動詞は、そもそも動きや変化がありませんので現在単純形を使います。

 

Jane is an excellent manager.

ジェーンは非常に優れた上司です

 

She belongs to our section.

彼女は私たちの課に属しています

 

She has beautiful blue eyes.

彼女は美しい青い目をしています

 

I love her.

私は彼女のことが大好きです

 

上の英文の is や belongs to、has、love が状態を表している動詞で、現在単純形で表します。

感覚・知覚・認識を表す動詞

see や hear、smell などの感覚・知覚動詞や、know 、understand などの認識動詞も現在単純形で表します。

 

I know the man.

その男性を知っている

 

I smell something burning.

何か燃えている匂いがする

 

I understand your situation.

あなたの状況が理解できますよ

 

Do you hear something?

何か聞こえますか

映画の台本のト書きも現在単純形が使われる

映画の台本のト書きなどでは「~がこうして、~がこうする」のように手続き的に表現するため、現在単純形を使います。次の英文は、映画「Casablanca」のスクリプトです。

 

The neon sign above the door is brightly lit. Customers arrive and go in through the front door. From inside we hear sounds of MUSIC and LAUGHTER. The song is “It Had to Be You.“

ドアの上のネオンが明るくついている。客たちが到着し正面ドアから入る。中から音楽と笑い声が聞こえる。歌は『君だったに違いない』だ

一般的/普遍的なことがら

「太陽が昇る」「鳥は飛ぶ」のような個別具体的な事象は動画的であり、現在単純形を用いることはできません。しかし、個別具体的な現象が反復すると動きが捨象して一般化します。このような一般的、普遍的な事柄では現在単純形を使います。

 

The sun rises in the east.

太陽は東から昇る

 

Birds fly, fish swim, and humans walk.

鳥は飛ぶ、魚は泳ぐ、人間は歩くものだ

 

Children learn English faster than adults.

子供は大人よりも英語を学ぶのが早い

 

Honesty pays.

正直者は報われる

スポーツの実況中継では現在単純形を使う

スポーツの実況中継では、現在単純形を使います。次の英文を見てみましょう。

 

The 2-2 pitch to Joe … taps it right back to the mound. George has it on the big bounce and throws him out.

2ストライク、2ボールからの投球です。ピチャーに打ちました。ジョージ、大きなバウンドをとって一塁送球、アウトです

 

「投げました」「打ちました」「とりました」「アウトです」と静止画的に1枚1枚の写真を並べるように表現しています。

物事の説明でも現在単純形を使う

物事の説明する時も現在単純形を使います。

 

Slices of pickled ginger, bamboo grass, soy sauce, vinegar, and wasabi contain ingredients that kill bacteria and prevent the decaying of raw food.

生姜(ガリ)、笹、醤油、酢、わさび、これらにはバクテリア菌を殺し、生ものの腐敗を抑える成分が含まれています

現在単純形のポイント

現在単純形のポイントは、動きや変化を表現しない、静止画的描写において使うということです。次のような場面で現在単純形を使います。

 

  • 状態
  • 予定、習慣
  • 動作の直前状態(例:料理や手品)
  • 一般的なことがら(例:真理や格言)
  • 動きの流れを説明する(例:映画のト書き、野球)
  • 物事の説明(例:寿司の成分)

オンライン英会話はweblio英会話がお薦め

オンライン英会話「weblio英会話」では、ネイティブスピーカーとマンツーマンでレッスンすることができます。生きた英語を聞いていくうちに、生徒のリスニング力やスピーキング力がぐんぐんと伸びていきます。学習塾様のカリキュラムに沿ったオリジナルのレッスンも可能です。この機会にぜひご利用ください。

 

カテゴリー
関連タグ

Page top
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア障がい福祉サービス子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話