Skip to main content
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア 障がい福祉サービス 子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話
コラム
英語学習

英語動詞構文講座第5回・動詞プラス名詞の使い方を学ぶ

英語動詞を用いた構文にはさまざまな種類があります。今回は、動詞+名詞+(to do/do/doing/done)の使い方を学びます。

 

 

動詞+名詞+(to do/do/doing/done)の他に、動詞+名詞+分詞の使い方や、知覚動詞+名詞+doと知覚動詞+名詞+doing の違いについても学んでいきましょう。PEN英語教師塾の講師は、慶應義塾大学名誉教授・ココネ言語教育研究所所長の田中茂範先生です。動画の長さは約10分です。

英語の動詞+名詞+to do/do/doing/done の構文

次の英文は、動詞+ to do の構文です。

 

I want to do it.

私はそれをしたい

 

to do の前に名詞が入って、動詞+名詞+to do の構文になるのが次の英文です。

 

I want you to do it.

私はそれを君にして欲しい

 

英語では、動詞+名詞+to do の他に、to do の位置に do や doing、done などがくることもあります。

 

I want you to do it.

あなたにそれをしてもらいたい

 

I’ll make you do it.

あなたにそれをやらせよう

 

Let’s keep it going.

それをずっと続けましょう

 

I’ll get the car started.

車を発車させよう

動詞(V)+名詞(A)+to do の構文

英語の動詞(V)+名詞(A)+to do の構文は、Aが行為と向き合うようにVする、という意味を持ちます。

 

(1)行為に向かうように差し向ける(例:get)

 

I’ll get him to do it.

彼にそれをやらせるようにしましょう

 

(2)誰かを強制的・必然的に行為と向き合わせる(例:force、oblige)

 

I forced her to accept my offer.

彼女に強引に私の申し出を受け入れるようにさせた

 

(3)誰かが行為と向き合う状況を許す・禁じる(例:allow、permit、enable、forbid)

 

Allow me to introduce myself.

自己紹介をさせてください

 

(4)言葉で誰かを行為に向き合わせる(例:ask、tell、order、require、advise)

 

He ordered us to stay here.

彼は私たちにここにとどまるように命令した

 

(5)誰かが行為と向き合う状況を望む(例:want、wish、encourage、urge)

 

I want you to do it right away.

あなたにすぐにそれをして欲しい

動詞(V)+名詞(A)+do の構文

英語の動詞(V)+名詞(A)+do の構文は、Aが何かをする状況をVする、という意味を持ち、使役と知覚の2つのタイプがあります。

 

(1)使役(例:make、have、let)

 

I’ll make [her smile again].

彼女を再び笑わせてみせる

 

I’ll have [him do some cleaning].

彼に掃除をしてもらう

 

(2)知覚(例:see、hear、feel、notice、watch、listen to〜)

 

I saw [him do it].

彼がそれをするのを見た

 

I felt the earth move beneath me.

私は地面が動くのを感じた

 

I watched the sun sink below the horizon.

太陽が地平線に沈むのを見ていた

動詞(V)+名詞(A)+分詞の構文

英語の動詞(V)+名詞(A)+分詞の構文は、現在分詞の場合と過去分詞の場合があります。現在分詞の場合は、Aが〜している状況をVする、という意味を持ちます。

 

I heard the wind blowing.

風が吹いているのが聞こえた

 

He’s got his new book coming out soon.

彼は新刊本がすぐに出ることになっている

 

過去分詞の場合は、Aが〜した(された)状況をV(維持する、引き起こす)する、という意味を持ちます。

 

I kept the door closed.

ドアを閉めたままにした

 

I somehow got the engine started.

なんとかエンジンをかけた

 

Get your assignment done first.

まず自分の宿題を片づけなさい

知覚動詞+名詞+do と知覚動詞+名詞+doing の違い

英語の動詞構文には、知覚動詞+名詞+do や 知覚動詞+名詞+doing があります。

 

I heard the bombs explode.

爆弾が破裂するのを聞いた

 

I heard the bombs exploding.

爆弾が破裂しているのが聞こえた

 

I saw a man cross the road.

男性が道路を渡るのを見た

 

I saw a man crossing the road.

男性が道路を渡っているのを見た

 

doing の場合は、聞こえた、渡っている、のように動きを感じることができます。一方で、do の場合は、動作というよりも行為全体を描写していることがわかります。

 

ちなみに、can hear / can see の場合は、doing のみ用いることができます。

 

I can hear the bombs exploding.

爆弾が破裂しているのが聞こえる

 

I can see a man walking across the road.

道路を歩いている男の人が見える

関連サイト

英語動詞構文講座第1回・自動詞構文を学ぶ – weblio英会話

英語動詞構文講座第2回・「動詞+名詞+名詞」の構文を学ぶ – weblio英会話

英語動詞構文講座第3回・「動詞+名詞+形容詞/副詞/前置詞句」の構文を学ぶ – weblio英会話

英語動詞構文講座第4回・不定詞と動名詞の使い方を学ぶ – weblio英会話

英語動詞構文講座第6回・動詞プラスthat節、動詞プラスwh節を学ぶ – weblio英会話

オンライン英会話ならweblio英会話がお薦めです

weblio英会話」のレッスンは、ネイティブスピーカーとのマンツーマン形式で行われます。生きた英語を聞いていくうちに、生徒のリスニング力やスピーキング力がぐんぐんと伸びていきます。学習塾様のカリキュラムに沿った、オリジナルのレッスンもご提供させていただきます。この機会にぜひご利用ください。

 

カテゴリー
関連タグ

Page top
個人向け 学習塾向け 学校向け 企業向け みらいジュニア障がい福祉サービス子ども英会話 ダウンアップイングリッシュ ダウン症の
ある方向け英会話