【英語の「正しい発音」の極意】子音 [r] の発音の方法とコツ

英語の子音 [r] の発音(特に単語の最初にある [r] の発音)について、正しい口の形、舌の動き、発音の要領をおさらいしましょう。

正しいフォームは正しい動作を実現します。まずは体に覚えさせてしいましょう。

英語の「正しい発音」を身につける矯正方法の極意【もくじ】

[r] の発音方法

音を作る場所:舌先と歯ぐきの間
音の作りかた:舌先を歯ぐきに接近させて空気を摩擦させる
声帯のふるえ:有声音なので震える

[r] の具体的な発音方法

【1】

唇を、口笛を吹くような形に丸めます。すぼませて前方に突き出す必要はありません。軽く丸める程度に留めます。

唇を少し丸めることで、声帯から唇までの距離が少し長くなり、音響的に近い音を出しやすくなります。

[r] は唇を丸めなくても発音できるという人もいるのですが、アジア人的な顔の人はやや丸めたほうがうまく発音できます。

598395035

【2】

舌先を持ち上げます。まずは上あごの天井部分、上の歯の少しせり出している部分(歯ぐき)を舐めてみて、そこから、舌先が何にも触れないように、少しだけ離してみましょう。

【3】

舌先を持ち上げて浮かせた際、舌の付け根側の左右が上の奥歯に触っている状態に、しかも奥歯を支えにして舌先に力を入れ、少し後ろに反らせることができる状態になっていると理想的です。

舌先はほんの少し後方に反らせる程度で大丈夫です。反らせすぎると、不自然な音になったり、[r] から他の音に移りにくくなったりします。

この状態を保ったまま声を出すと、[r] の音がきれいに出せます。

【4】

丸めた唇と舌をゆっくりと動かし、次に発音する音の形に移すようにすると、きれいな発音になります。

[r] の発音のコツとポイント

丸めた唇と舌は、ゆっくり戻すことが大切です。ゆっくり戻すことで、[r] の音が長くなり、子音と母音のバランスがよくなります。

日本語の音は子音と母音が一体化しており、子音と母音を同時に発生する口の形や動きによって発音しています。ところが英語では子音と母音は別の口の形や動きで表現する必要があります。ra の音を発音するには [r] の口の形から [a] の口の形へ移行して発音しなければなりません。

発音の口の形という点では、日本語の「ラ」は英語の ra とも la とも異なる別の音なのです。

[r] の発音自体がうまくできても、そのまま母音を発音する際に、(日本語の「ラ」の感覚で)極端に短いタイミングで母音を発してしまうと、結局カタカナの「ラ」ような日本語的な音になってしまいます。あるいは、丸めた舌先を急いで戻そうとして舌先が口の天井についてしまい、[r] の音ではなくなったりします。

[r] の音を含む英単語

  • rain /reɪn/
  • river /ˈrɪvə/
  • rice /rʌɪs/
  • red /rɛd/
  • room /ruːm/

※発音記号は OxfordDictionaries より

[r] の音を多めに含む文章

The rain made the river flood. (雨が川を氾濫させた)
We, Japanese people, often celebrate with red rice. (われわれ日本人はしばしば赤飯を用意して祝い事をする)

 

ICLP® 一般社団法人 国際発音検定協会
代表理事 奥村 真知





WebRTCで無料英会話