Category Archives: TOEICのスコアと目安

TOEIC 500点のレベルとは? 

TOEIC公式サイトのTOEICスコアとできることの目安には、スコア400~495は「看板を見てどんな店か、どういったサービスを提供する店かを理解することができる。」レベルと書かれています。またスコア500~595は「電車やバス、飛行機の時刻表を見て理解できる。」「打ち解けた状況で、 “How are you?””Where do you live?” “How do you feel?” といった簡単な質問を理解できる。」レベルと書かれています。これらの目安からTOEICテストのスコア500は、「基本的な日常会話ができる」レベルと言えそうです。
続きを読む

TOEIC Bレベルの目安とは

PROFICIENCY SCALEという「TOEICスコアと能力レベルの相関表」があります。そこではTOEICスコアがA~Eの5つに区分されています。その中でもBの区分(スコアが730~860)は「ビジネスで英語が活かせる」レベルと言えます。IIBCのTOEIC(R)スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表では、「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」と書かれています。このレベルでは、通常会話では支障なくコミュニケーションがとれ、ビジネスの業務などでも問題なくやり遂げられる実力があると言えます。
続きを読む

TOEIC(R)テスト「スコア900」という数字の根拠は

TOEICテストのスコアと実際的な英語能力との関係は、多くの場合「英語資格試験難易度相関表」( http://www.tek.co.jp/OGAWA/chart.html )のような表が参考にされています。「スコア470点」や「スコア730点」といった数字も、この「相関表」が元になっている場合が多いと言えます(※公式資料にも登場しますが)。
続きを読む

TOEIC(R)テスト「スコア470」という数字の意味

TOEICテストで目指すスコアとしては「470点」や「730点」といった意味ありげな数字がたびたび登場します。この数字はETSが公表している「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表」などに登場します。( http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data.html )
続きを読む

TOEIC(R)テストの「合格点(?)」は

TOEICテストは英語のコミュニケーション能力がどの程度のレベルにあるのかを測定する、いわばモノサシとしての役割を持っています。英語の実力に関わらず同じ内容のテストを受け、実力のレベルが点数(スコア)として示されるます。このような性質から、TOEICテスト自体にはそもそも合格・不合格のような区分がありません。
続きを読む




WebRTCで無料英会話