Category Archives: 英語表現の種類と使い分け方

英語で「あらすじ」「あらまし」を表現する言い方

483966319

議論や物語の大まかな内容・話の流れ、すなわち「あらまし」や「あらすじ」は、英語では summary や outline などの語で表現できます。いわゆる「概要」のニュアンスです。

summary や outline の他に、 sketch(素描)や rundown (ザックリした話)のような言い方もできます。各表現のニュアンスを理解して、状況に応じて使い分けられるようになりましょう。

続きを読む

英語で「人(々)」を表す person(s)とpeople(s)の微妙な違いと使い方

349961009

英語では基本的に「人」を person、「人々」は people と表現します。一見すると person が単数形で people はその複数形とも思われますが、実はそれぞれ複数形が別にあります。

person の複数形 persons 、および、 people の複数形 peoples 。どちらも使い所は限られますが、単数形の正しい把握と理解のためにもちゃんと知っておいて損はありません。

続きを読む

英語表現 any more と anymore の違いと使い分け方

128979782

英語の any moreanymore は、一見同じように見えて微妙に異なる表現です。any more は2語からなる表現、anymore は1語の扱い。その意味も微妙に異なります。

英会話で耳づてに聞く限りでは、ほぼ区別が付きません。あらかじめ意味を把握しておくことが聞き分けのコツとなるでしょう。

続きを読む

英語の基礎表現「tell」の意外と幅広い意味・用法・イディオム

429306649

英語の動詞 tell は「話す」「伝える」という意味合いを中心とする基礎的な表現です。でも実際には、 tell はもっとずっと幅広い意味合いで用いられます。素朴に「話す」の訳語と対応づけて覚えるだけでは、うまく理解できない場面もあるでしょう。

tell の少し特殊な意味・用法は、イディオムとして把握できる場合が少なくありません。イディオム単位で覚えてしまう方法もアリでしょう。芋づる式に表現の幅が増えます。

続きを読む

英語表現 sometime、some time、sometimes の違いと使い分け方

294791336

some timesometimesometimes は、どれも時間に関する表現です。ただし、それぞれが見据えている時間が違います。

  • Can I talk with you sometime?
  • Can I talk with you for some time?
  • Can I talk with you sometimes?

会話中では、それぞれの表現を区別することが難しいかもしれません。しかしながら、どの語として聞き取り認識するかによって意味合いが違ってきます。この際しっかり区別できるようになりましょう。

続きを読む

英語で「手抜き」「手を抜く」と表現する言い方

仕事をいいかげんに済ますことを「手抜き」と言います。日本語の「手抜き」のニュアンスに近い英語表現は cut corners でしょう。もちろん他にも色々な言い方ができます。

日本語で「手抜き」というとネガティブなニュアンスしかありませんが、コストをかけなくてよい部分に固執しない、無駄な労力を割かない、といった観点から「手を抜く」ことを捉え直す姿勢も大切です。いくつかの英語表現がそのことを教えてくれます。

続きを読む

英語で「ほっそりした身体つき」を褒める上手な言い方

均整のとれた身体は普遍的な美です。誰だって賞賛は嬉しいもの。英会話の話題の切り口としても褒め言葉は最適です。

たいていの文化圏では、ほどよく痩せた体つき&ほどよく筋肉が付いて引き締まった身体が理想とされます。いわゆるスリム&スレンダーな体型。英語には色々な言い方があります。表現の幅を押さえて、最適な言葉を贈ってあげましょう。

続きを読む

英語で「寝落ちした」と表現する、眠りの深さ別フレーズ集

寝落ち」は日本語のスラングであり、対応する英語表現なかなか見つからなさそうにも思われますが、「つい眠ってまった」と表現すれば言わんとすることは伝わります。

英語では fall asleep で文字どおり「眠りに落ちる」と表現する言い方があります。バッタリ寝落ちするニュアンスはもう存分に示せます。 続きを読む

スカイプで無料英会話