Category Archives: TOEIC

「TOEIC®テスト」ビジネス問題対策&問題集

407399200

TOEICテスト」は英語能力を測る試験であり、国内では就職活動・採用活動や人事評価制度などで広く利用されています。英語学習の進捗を測る指針としても用いやすく、人気のある試験です。

Weblio英会話コラムは、TOEICテストのビジネスシーンを題材としたリーディング問題・リスニング問題に慣れるための対策問題を地味に公開しています。ぜひテスト対策および日々の英語学習にお役立てください。

続きを読む

新しいTOEIC対策で必要なのは「現代の英語」

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)より新問題形式のTOEICが始まります。更新されて「時代の英語」により適した内容となったTOEICは、これまでの受験者の目には異色に映るかもしれません。 しかし実際に変化が見られるのは難易度ではなく、受験者の英語のトレンディーさであるようです。 続きを読む

スコアの期限管理で気をつけたいコト

TOEICの公式スコアには有効期限が設定されていません。一般的に英語能力をTOEICスコアで証明する場合、それまでに取ったどのスコアも機能することになります。(留学目的に使用する場合、公式認定証発行日から2年間の使用期限が有る)ただし、企業によっては「過去3ヶ月以内に取得したもの」など使用スコアの期限を指定する時があるので注意が必要です。 続きを読む

TOEICテスト受験に使用する筆記用具を正しく選ぶ

TOEICテストは選択問題をマークシートに記入する回答方式が取られています。マークシートに記入する際に用いる筆記具としてはHBの鉛筆もしくはシャープペンシルが公式に推奨されています。

最近の「消せるボールペン」ではなぜいけないのか?という疑問も起きそうなところですが、HB鉛筆やシャープペンシルが推奨される理由はちゃんとあります。正しく背景を理解し、最適な筆記具で試験に挑みましょう。

続きを読む

TOEICを受験する中学生はどのくらいいるの?

TOEICテストの受験者数は2014年度には260万人を超え、今や英語能力を測る重要な指標となっています。就職活動や、昇進・昇格のために受験する人がいる一方で、小学生・中学生も受験しています。中学生の受験者の割合はTOEICテストを受験する「学生」のわずか0.6%なので、かなり少ないといえるでしょう。

続きを読む

TOEIC 500点のレベルとは? 

TOEIC公式サイトのTOEICスコアとできることの目安には、スコア400~495は「看板を見てどんな店か、どういったサービスを提供する店かを理解することができる。」レベルと書かれています。またスコア500~595は「電車やバス、飛行機の時刻表を見て理解できる。」「打ち解けた状況で、 “How are you?””Where do you live?” “How do you feel?” といった簡単な質問を理解できる。」レベルと書かれています。これらの目安からTOEICテストのスコア500は、「基本的な日常会話ができる」レベルと言えそうです。
続きを読む

TOEIC Bレベルの目安とは

PROFICIENCY SCALEという「TOEICスコアと能力レベルの相関表」があります。そこではTOEICスコアがA~Eの5つに区分されています。その中でもBの区分(スコアが730~860)は「ビジネスで英語が活かせる」レベルと言えます。IIBCのTOEIC(R)スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表では、「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」と書かれています。このレベルでは、通常会話では支障なくコミュニケーションがとれ、ビジネスの業務などでも問題なくやり遂げられる実力があると言えます。
続きを読む

もっと先のページを見る:10
WebRTCで無料英会話