Category Archives: テスト対策術

新しいTOEIC対策で必要なのは「現代の英語」

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)より新問題形式のTOEICが始まります。更新されて「時代の英語」により適した内容となったTOEICは、これまでの受験者の目には異色に映るかもしれません。 しかし実際に変化が見られるのは難易度ではなく、受験者の英語のトレンディーさであるようです。 続きを読む

TOEICテスト受験に使用する筆記用具を正しく選ぶ

TOEICテストは選択問題をマークシートに記入する回答方式が取られています。マークシートに記入する際に用いる筆記具としてはHBの鉛筆もしくはシャープペンシルが公式に推奨されています。

最近の「消せるボールペン」ではなぜいけないのか?という疑問も起きそうなところですが、HB鉛筆やシャープペンシルが推奨される理由はちゃんとあります。正しく背景を理解し、最適な筆記具で試験に挑みましょう。

続きを読む

TOEICの「替え玉受験」対策はこんなに厳しい

TOEICテストは企業の就職活動(採用活動)や昇進基準として多く活用されており、学校でも数多く実施されています。TOEICテストの成績次第で進路が変わってくることもある、その意味では重要な試験です。

ぜひ何としても高いスコアを獲得したい。ちょっと小ずるい手を使ってでも……たとえば英語のデキる人に受験してもらうとか。そんな風に思い巡らせたことがある人は少なくないでしょう。

続きを読む

TOEIC(R)テストはマークシートの塗りつぶしに最適な筆記具を使う

TOEICテストの回答はマークシート方式です。4つの選択肢から正解にあたる楕円を黒く塗りつぶす方式で回答していきます。方式自体は単純ですが、TOEICテストは全200問からなることを踏まえると、「塗りつぶし」の方法もぜひ工夫したいところです。
続きを読む

フィリピンに留学してTOEIC(R)テストを受験する

アジア圏の英語の語学留学先として人気の高いフィリピンなどでは、TOEIC対策に特化した語学学校も開校しており、外国人留学生を主な対象とするTOEIC対策コースを提供しているところがあります。フィリピンに語学留学し、そのまま現地でTOEICテストを受験する、という短期留学プログラムを提供している事業者もあります。
続きを読む

TOEIC(R)テストに伸び悩んだらテスト対策も必要

TOEICテストを受験しつつ勉強を進めていくと、それまで順調に伸びていたスコアがぱったりと伸びなくなる「壁」に突き当たることがあります。600点が超えられない、700点台なかばでうろうろしている、というように100点ごとに壁を感じる人が多いようです。
続きを読む

初めてのTOEIC(R)テスト【3】テストは2時間、問題数は200問

TOEICテストの試験時間は2時間に及びます。2時間にわたって集中力を維持することは容易ではありません。さらに設問は計200問もあり、序盤で時間を割きすぎれば解く時間は足りなくなります。毎回、最後の方は全く着手できずに終了してしまった受験者が少なからずいます。時間配分を常に意識して試験に臨む必要があります。
続きを読む

スカイプで無料英会話