【まとめ】ネイティブはこう言うの記事一覧

ネイティブはこう言うに関連してる記事をまとめたよ!

英語・英会話でけっこう目にする「英語スラング表現」50+

英語のスラング (slang)は、英会話を円滑にして相手との距離を縮める秘訣です。スラングは根本的には仲間内で共有される言語表現です。スラングに通じていると、仲間意識にも通じる親近感が育ちやすくなります。積極的に身に着けておくだけの価値は大いにあります。

スラングにも程度の差があります。本格的なスラングは、さすがに見聞きする機会も少なく、使い所も難しい上に限られています。他方、すでに広く普及・浸透して定着しつつある種類のスラングは、カジュアルでこなれた表現としてかなり便利に使えます。

続きを読む

英語の「笑い」は haha がイマドキ、lol は古くさい?

英文において「笑い」を示す表現方法の代表的な書き方として「lol」が挙げられますが、この頃では英語ネイティブスピーカーは「lol」をあんまり使用せず、むしろ他の表現を用いる傾向があるらしいという調査結果が報告されています。

報告者はSNS最大手Facebook、2015年8月の情報です(「The Not-So-Universal Language of Laughter」)。

日本語で同種の表現といえば(笑)が代表的といえるでしょうか。でも今どき(笑)はチョット古くさいと感じる方も多いはず。ネットに親しい若い男子なら草ww でしょうと。女子なら(≧∇≦)とかでしょうと。しかしながら、(笑)も全く使われないわけではありません。

その辺の日本語の感覚と対比しつつ、改めてデータを見てみましょう。

続きを読む

default(デフォルト)の本来の意味と使い方

デフォルトdefault)という言葉は、「標準」「基本」といった意味合いで、昨今では日本語の中でも普通に用いられつつある語といえます。たとえば「あいつは遅刻がデフォ」とか「朝食はトーストに目玉焼きがデフォルト」のように。

デフォルトは英語から日本語化した、いわゆるカタカナ語ですが、英語本来のニュアンスはちょっと違います。英語の default の第一義は「不履行」ないし「怠慢」。日本語の使われ方とは大分かけはなれた意味です。

第二の意味として「コンピュータの初期設定」という意味があり、これが「標準」という意味合いへと変化したようです。ネット界隈から一般化した用語をたどるようで興味深い語彙ですが、それは措いといて、まずは本来的な英語の用法をおさらいしましょう。 続きを読む

英語フレーズ「I’m sorry.」と「Excuse me.」の意味と使い方の違い

英語の I’m sorry.Excuse me. というフレーズは、日常英会話でもよく使われる表現です。この両フレーズはニュアンスも使い所も違います。正しく理解してうまく使い分けましょう。

I’m sorry. も Excuse me. も、日本語では普通「すみません」と訳されます。そして日本語の「すみません」は、かなり幅広い場面で使われる多義的な言葉です。そのため日本人は使い分けの要領がなかなか得られず苦労します。

まずは日本語の「すみません」との対応づけを一旦やめて、英語表現としての理解に努めましょう。活路はきっと開けます。

続きを読む

英単語「gotcha」はオシャレでカッコいいネイティブっぽい

gotcha」は日常英会話で用いられる口語的表現で、「I got you」を略した言い方です。意味は I got you と同様、つまり「わかった」「捕まえた」といっ意味で使われます。

gotcha は言いやすく、カジュアルで、こなれた言い回し。英語上級者を目指すなら、ぜひ使いこなせるようになりたい表現の一つといえます。 続きを読む

「やっぱり」を英語で的確に表現する英語表現・フレーズ集

日本語の「やっぱり」(「やはり」)という表現は、なかなか英語に訳しにくい言葉です。素直に英訳できない理由は、この「やっぱり」という日本語表現そのものが複数の意味・ニュアンスを持つ多義的な表現だからでしょう。

多義的な日本語表現は、いちど日本語の語義を振り返ってニュアンスの広がりを明確にし、それぞれの意味合いに対応する英語表現を一通り把握してしまいましょう。これは英語の言語感覚を身に着けて「日本語離れ」する意味でも大いに効果があります。

続きを読む

「なす(茄子)(ナス)」は英語でどう言う?

ナス(茄子)は代表的な夏野菜といえる食材です。英語(アメリカ英語)ではナスを eggplant といいます。「たまご植物」的なネーミング。イギリス英語では aubergine と言います。

eggplant にもいろいろと種類があり、日本で一般的なナスも世界的に見れば eggplant の品種のひとつに過ぎません。もっとも日本にも長ナスや賀茂ナスをはじめ100以上の品種がありますが。

日本で食べられている「あのナス」「いわゆるナス」を正しく指し示すなら、場合によっては Japanese eggplant のように表現した方がよいでしょう。

続きを読む

英語で年齢・年代を表現する言い方

人生の節目節目において、「年齢」に関わるイベントが沢山あります。誕生日や進学などのお祝いで、年齢を聞く機会もあるでしょう。

一方、年齢は個人的な情報でもあるので、質問の仕方には気をつける必要があります。失礼ではない質問の仕方を覚えましょう。また、自分の年齢の答え方についても、様々な表現があるので覚えておくと便利です。

続きを読む

英語の風変わり表現「ain’t」の意味と使いどころ

洋楽の歌詞や洋画のセリフで、ain’t という英語表現が用いられることがあります。わりとひんぱんに見聞きすると言ってしまえるかもしれません。

ain’t は方言に由来するとされる短縮表現です。かなり緩い使われ方をする(その意味では便利な)言い方で、独特の語感も伴うため、一部では好んで用いられます。

いざ遭遇した際に戸惑わないためにも、意味と使いどころを知っておきましょう。自分が使うかどうかは別として。

続きを読む

英語で表現する「洋服」の種類の正しい知識と正しい呼び方

衣服に関する話題は、英会話でも初対面の人とも気軽に話題にできる定番の会話ネタです。相手の服に着目して、相手に興味関心があることを伝えられます。込み入った話には発展しにくいので無難という側面もあります。

相手も服飾に興味を持っている方だった場合、会話も大いに弾むでしょう。しかしそうなってくると、「服」のボキャブラリーが clothes とか shirt 、skirt、jeans 程度しかないと、ちょっと心もとない気がしてきます。

たとえば「ポロシャツ」や「レギンス」といったファッションは、英語ではどう表現するのか。日本語の中のカタカナ表記の呼び名で通じるのか、または通じないのか?軽くおさらいしてみましょう。

続きを読む

「こちらこそ」は英語でどう言う?

日本語表現の「こちらこそ」の意味・ニュアンスを英語で表現するなら、副詞 too を文末に添えて「私もです」と述べる言い方が基本と言えるでしょう。もちろん他にも表現方法はあります。

日本語の「こちらこそ」は、曖昧で、多義的な、いかにも日本語的な表現です。具体的に何を言いたいのか?という点を意識して、他の表現で言い換えられるようになれば、対応する上手な英語表現も自ずと見つかるでしょう。

続きを読む

「他」意味する英単語「other」と「another」の違いと使い分け方

other anotherは、日本語ではどちらも「他の」や「別の」と訳される、違いを理解しにくい単語です。

たとえば買い物中、服を試着して、店員さんに「違う色も試したい」と伝えるとき。この「違う色」は other と another のどちらで伝えればよいでしょうか。あるいはどちらでもよい?

使い分けのコツはただひとつ、想定している対象の「」にかかっています。

続きを読む

英語で表現する「おっぱい」「お尻」ちょっとエッチな英語スラング

英語のスラングは教科書・参考書からは学べない知識です。ましてやエッチな意味のスラングは、勉強の過程で接する機会はまずありません。だが、そこがいい。エロに対する執念は、英語の知識を「自ら求める」学び方を鍛えてくれます。

欲望は、もとい、知的好奇心は、往々にして、驚くべき学習効率を発揮します。一度見たらもう忘れない。動機は不純かもしれませんが、そこで得た方法はもっと真っ当な英語学習にも活きてきます。

そして辞書はやはりエッチな言葉を調べて傍線を引くものです。その意味で紙媒体の辞書は今も昔も変わらない価値があります。

続きを読む

「親族関係」を英語で表現する単語(おじ、めい、いとこ等)

英語にも「親戚関係」を表現する語は一通り揃っています。叔父(uncle)や叔母(aunt)はよく知られたところですが、甥・姪・はとこ・曾祖父に対応する英単語は知る機会があまりありません。

日常会話では「甥」に当たる単語が思い浮かばなくても会話は進められるでしょう。その意味では後回しにできる知識です。しかし雑学としては一級品の面白さがあります。一気に学べば学習効率も上々です。

続きを読む

「~のため」「~のせいで」「~のおかげで」と英語で表現する言い方

英会話の中で理由や原因について述べる場合、接続詞 because を使えば簡単に無難に表現できますが、「because of」「due to」「owing to」などの前置詞句も使えるようになると、表現の幅が広がります。

文脈によっては「thanks to」と述べて感謝のニュアンスを示した方が上手く表現出来る場合もあります。柔軟な思考を意識して表現を選びましょう。

みんなの回答:〜することによってはどう言うの?

続きを読む

英文メールを恩師・先生に宛てて書く場合の要点と便利フレーズ集

英語の手紙や電子メールを書く際、宛先が外国人の先生であるなら、敬称の「先生」にあたる英語表現を適切に選びましょう。

日本語の「先生」は意外と幅広く使える敬称です。英語で表現するなら場面に応じた表現の使い分けが必要です。

英語のメールの書き方には一定のマナーがあります。無難に使えるフレーズを駆使して、好感の持てる手紙・メールを効率的に作成しましょう。

続きを読む

英語の「悪口」表現、人を罵る・けなす・ディスるための英単語

悪口、人に悪態をつく表現、たとえば「バカ」とか「くそったれ」のような言い方は、英語にも無数にあります。自分で使うことはないにしても、見聞きする場面はあるでしょうから、ある程度の表現は知っておくべきでしょう。

ここがポイント

  • idiot / foolish / stupid / moron は「ばか」の四天王
  • annoying(ムカつく・うるさい)等はよく使われる
  • 人を虫や畜生に喩える表現は悪口である可能性アリ

英語でバカさの度合いを言い分ける7つの英単語
英語の意味に裏がある「嫌味や皮肉で使われやすい」基礎表現
英語のNGワード、言ってはいけない禁句の知識

悪口は、教科書では学べない種類の言葉です。卑語であり俗な表現。しかしながら、日常では耳にする機会は少なからずあります。サブカルチャー方面では見聞きする頻度はさらに高まります。

続きを読む

英語で自分の名前を書くときに知っておくべき書き方の基本

英語で自分の名前を書く場合、基本的には「ローマ字(ヘボン式)つづりで表記する」+「姓名は前後逆順にして《名前 – 苗字》の順で書く」のが普通です。

すでに旅券(パスポート)をお持ちなら、それに記載した表記を踏襲するのが手っ取り早いでしょう。ただし、それが唯一無二の正解というわけではありません。

たとえば、日本語的な「姓-名」の順で名前を書くのも、誤解を防ぐ工夫をすれば十分に可能です。しっくり来る書き方を模索してみるのもよいかもしれません。

ここがポイント

  • ヘボン式ローマ字で「名前 – 苗字」の順で書けばまず間違いない
  • 「苗字 名前」の順で表記することも可。ただし誤解を防ぐためのひと工夫を

続きを読む

大半の日本人が知らない「good luck」の本当のニュアンス

Good luck(グッドラック)という英語フレーズは、基本的には「頑張ってね」「成功するといいね」という意味合いのポジティブなメッセージです。ただし、文脈によっては「せいぜい頑張れよ」「運が味方してくれることを祈るばかりだな」というような皮肉と受け止められてしまう場合もある、という点は留意しておきましょう。

→ 英語の意味に裏がある「嫌味や皮肉で使われやすい」基礎表現

ここがポイント

  • Good luck は相手の成功や幸せを祈念するメッセージ
  • 「応援」や「祝福」を伝えるフレーズとして使える
  • 多分に「運頼み」や「神頼み」のニュアンスを含むので
    文脈によっては意地悪な発言にも聞こえる点に注意

続きを読む

英語で朝・昼・夕方・午前中などの「時間帯」を表現する言い方

朝・昼・晩といった時間帯の表現は、おおまかな部分は英語も日本語も同じです。「昼」の表現は少し注意が必要かもしれません。また、朝や晩が具体的に何時から何時までを指すのかも、おさらいしておいた方がよいでしょう。

ここがポイント

  • 基本は「morning(朝)」「afternoon(昼)」「evening(夕方)」「night(夜)」
  • 「midnight(深夜)」や「noon(正午)」などの表現も押さえておこう
  • 理解のズレが生じるとマズいような文脈では時刻で伝えた方が確実

日常会話における時間表現は、朝・昼過ぎ・夜中というような時間帯の表現で大まかに述べる場合が多々あります。時間帯を英語で的確に表現できるように、おさらいしておきましょう。

続きを読む

もっと先のページを見る:10




WebRTCで無料英会話