TOEIC(R)テストの配点

TOEICのテストの配点は、たとえば「1問正答につき5点」というような固定された配点形式ではありません。試験(受験者)全体の正答数・正答率を統計学的に算出して「スコア」に換算するという採点方法によって配点は流動的になっています。そのため、「どの問題が一番得点が高いか」「どの部分が効率よく得点が稼げるか」という攻略法はあまり有効とはいえません。

TOEICテストの相対評価方式は、「正答する人が少ない問題は相対的に高く評価される」という特徴があります。そのため、回答時間が足りなくなる人が答えられない、試験の最後の方にある設問は、高い配点が期待できる箇所といえます。

とはいえ、最後の問題を回答することに専念して序盤中盤の問題がないがしろになってしまっては良いスコアは望めません。その意味では、TOEICテストで良い成果を出すコツは時間配分といえるかも知れません。

405094132






WebRTCで無料英会話