【まとめ】ビジネス英会話の記事一覧

ビジネス英会話に関連してる記事をまとめたよ!

ビジネス英語で「担当者」を正しく表現する単語・フレーズ・表現集

ここがポイント

  • 「担当者」を意味する代表的な英語表現は person in charge 、略して PIC
  • ただし PIC には「責任者」のニュアンスを含む点に注意
  • 単に対応窓口の人を指す意味なら personnel (職員)や staff(スタッフ)と表現してもよいかも
  • メールではじめて連絡する際に使う「ご担当者さま」は To whom it may concern, が定番の表現
    または Dear Sir or Madam, もよく使われる
  • 「連絡窓口」の意味なら contact person が一般的
  • その担当者は何を担当しているのか、という観点で捉えると表現が見つかりやすくなるかも

ビジネスシーンでよく使われる「担当者」という日本語に一番近い英語表現は person in charge でしょう。PIC という略記もよく用いられます。ただ、この表現が日本語の「担当者」にバッチリ適切に対応するわけではありません。場面に応じた使い方・使い分け方のコツを知っておきましょう。

日本語で用いられる「担当者」や「ご担当者さま」といった表現、これに対応する英語表現は、実際のところ、使用場面に応じて違います。

recruiter や recruitment officer のように接尾辞を付けて表現する言い方、あるいは、場面によっては単に staff と表現する言い方の方が、日本語の「担当者」に近い表現なのです。

続きを読む

英語で挨拶しよう!国際ビジネスで好印象を与える話題作りのコツ

英会話の学習には「英語で何をどう話せばよいのか分からない」という戸惑いが付きまといます。初対面の外国の人と何を話せばよいのか、たとえばビジネスシーンで初めて会った相手と会話する場合にはどんな話題が無難なのか。こうした部分は、語学力とはまた違った知識や素養が求められます。

ビジネスシーンにも定番の話題やお決まりの文脈・話の流れがあります。不慣れでも、お決まりのパターンをいくつか把握しておけば、相手に話を合わせて無難に円滑に会話を進められます。

英語圏を中心とする海外の一般的な「無難な話題」や「好まれる話題」は、日本国内の一般的な感覚とは違うところがあるかもしれません。でも、そんなに大きな違いがあるわけでもありません。多少のマナーとタブーを心得ておけば、あとは自然な人間的な魅力だけでも十分に勝負できます。英語初心者でも好印象を与えられます。

続きを読む

英語でのプレゼンテーションに必須のポイント&表現

英語でプレゼン(プレゼンテーション)をうまく行うために大切なこと。細かく数え上げればキリがありませんが、プレゼンの成否を決定的に左右する要素は数点に絞られます。

  • 趣旨をまず明示すること(構成のコツ)
  • 定型表現を効果的に駆使すること(修辞のコツ)
  • 明朗快活に話すこと(表現のコツ)

プレゼンテーションそのものを成功に導くために必須といえるテクニックをまずは押さえて、あとは口調・滑舌・姿勢・身振り・目配せといった要素を錬磨研鑽して徐々に高めていくだけです (その研鑽が大変なのだという見解も一理ありますが……)。

はじめから「完璧なプレゼン」を目指しても中々容易には到達できません。まずはプレゼンテーションの本質を意識しながら、一歩ずつ達成してけるようになれれば、それが一番の近道になるはずです。

続きを読む





WebRTCで無料英会話