ビジネス英語で「担当者」を正しく表現する単語・フレーズ・表現集

ビジネス上のやりとりでは「ご担当者さま」という呼び名や宛名がよく用いられます。これは英語でも同様です。英語でも「担当者」を適切に表現できるようになっておきましょう。

日本語では、場面にかかわらず「担当者」の語で表現できますが、英語では場面や状況によって表現を選ぶ必要が出てきます。

「担当」という日本語表現に固執せず、柔軟に英語的に考えれば、表現の使い分けは難しくありません。お決まりの表現パターンを身に着けてしまいましょう。


みんなの回答:「担当者」は英語でどう言うの?

訳語「in charge」は少し注意が必要

場面や状況を特定せずに「《担当者》に該当する英語表現」をひとつ挙げるとすれば、辞書的には person in charge (of ~)が挙げられます。

担当する(be in charge)者、という意味で字義上正しく「担当者」を表す表現です。「担任」「係」あるいは「責任者」などとも訳せます。

ただし、日本語で気軽に用いられる「担当者」のニュアンスにピッタリ合うかどうか、は一考の余地があります。むしろ期待される英語表現はコレではない場合の方が多いはずです。

担当者 英語

charge は「責任者」のニュアンスまで含む表現

この in charge という表現は、単にその職務に携わっているだけではなく、ある程度の権限を有する監督者というニュアンスが多分に含まれます。

Oxford Dictionaries:in charge
In control or with overall responsibility:
管理しているあるいは全体的に責任を負っている

そのため、たとえば(「担当の方とお話したいのですが」程度の意味のつもりで) May I speak to the person in charge of the product ? のように述べた場合、 「責任者を出してもらえますか」的な威圧的なニュアンスで受け取られてしまう可能性があります。

日本語から離れて考えましょう

日本語で用いられる「担当者」や「ご担当者さま」といった表現、これに対応する英語表現は、実際のところ、使用場面に応じて違います。

recruiter や recruitment officer のように接尾辞を付けて表現する言い方、あるいは、場面によっては単に staff と表現する言い方の方が、日本語の「担当者」に近い表現なのです。

担当権限レベルに応じた英語表現

部署名に役職名を組み合わせることで、「担当者」を表現する、という方法もあります。組み合わせ次第で幅広く使える言い方です。

representative
代表者
officer
管理担当者
person / personnel / staff
係、スタッフ

ただし、officerやrepresentativeは担当部門でもトップの管理権限を持つ役職のニュアンスが強いです。つまり、sales representativeは厳密には「営業担当者」、一方sales personnelは「営業部門職員」というように役職の上下関係が含まれます。


部署・部門別に使い分ける「担当者」英語表現

担当権限レベルに応じた英語表現、を各部署に当てはめると、大体あっさり「担当者」を適切に表現できてしまいます。

英語の部署名・役職名を参照しつつ表現を探してみましょう。

営業担当者

account executive
営業責任者(略してAE
sales representative
営業責任者
sales person
営業部職員

人事担当者

Personnel Manager
人事管理者
HR contact
人事部窓口
HR proffesionals
人事部職員

採用担当者

job recruiter / recruitment officer
採用責任者
recruitment staff
採用部門職員

広報担当者

PR officer / press officer/ publicity official
広報責任者
※pressには 「~を押す」という動詞的用法の他、the press = 出版物 という意味があります
PR agent / communications person
広報部職員

このほか、経理(accounting)や仕入れ(purchasing)などと組み合わせて各部門で「担当者」を表現することができます。


担当者へ問い合わせる場面で使えるフレーズ集

誰が担当者かを訪ねる表現は、先の「person in charge of ○○」を疑問文化するのが一般的です。

May I have the name of someone in charge of this case?
この件を担当される方のお名前を伺っても良いでしょうか

すでに部署などが判明していて、各担当者に向けて問い合わせる場合、メールや電話で使える以下の表現をチェックしておきましょう。

電話で担当者につないでもらう場合

電話で連絡して担当へつないでもらう場面では、想定される担当者像が場合によって違ってきます。

もし「連絡窓口としての担当者」という程度、担当部署に所属している誰でも構わないという想定なら、someone in ~ (~の関係者)あるいは部署名+contact(~部署の窓口)といった表現が使えます。

May I speak to someone in HR?
人事部の方におつなぎいただけますか
May I speak to HR contact?
人事部の窓口へつないでいただけますか

もし、ただの窓口ではなくて部署あるいは製品やサービスを全体的に把握している人物と話をしたいという場合、そんな場合には、ある程度の権限を持つ管理者につないで頂きたいという意味で person in charge of ~(~の責任者)の表現を使ってもよいでしょう。

I would like to speak to the person in charge of recruitment.
採用責任者の方をお願いします

過去に連絡を取ったことがあり、担当者がすでに判明しているなら、その方を指名してよいでしょう。「役職名, Mr.(または Ms.)」で表現できます。

May I speak to a sales person, Ms. Midori?
販売部門のミドリさんをお願いします

メールで担当者へ目を通してもらう場合

メールで「担当者さま」という表現を用いる場面は、もっぱら部門や部署がわからないが、案件に関連する人に届いてほしいという場合です。

英語には「どなたか担当されている人」を表現する表現がいくつかあります。

部署も特に指定しない場合

To whom it may concerns,
関係者各位
Dear Sir or Madam,
紳士淑女の皆様へ

宛名を記述する部分なので、末尾にカンマ(,)を忘れずに打ちましょう。

部署名のみ指定できる場合

メールを送るべき部署は特定できる場合、部署名を宛名部分に記載しましょう。

Dear HR contact,
人事部様へ

部署名も担当者名も判明している場合

担当者名まで分かっている場合は手紙の宛名の要領で記述できます。

Dear Mr.Suzuki
鈴木さまへ

日本語でビジネスメールをしたためる場合は宛名を「部署名+担当者名」と記述しますが、英語のビジネスメールの場合は担当部署名は省きます。つまり、「営業部 田中様」ではなく「田中様」とだけ記します。

ただし郵便物は部署名も並記する必要があります。

自分が担当者の側に立って対応するする場合

自分が問い合わせる側でなく問い合わせを受ける側だった場合、「担当者」に該当する英語表現だけでなく、「担当者につなぎます」とか「担当者は不在です」といった周辺の表現も重要になってきます。

状況別フレーズ集

自分が担当者ですと伝える表現

自分自身が担当者に該当する立場だった場合、I am in charge of ~  や I am responsible for ~ のように回答すれば、「私が担当者です」 と伝わります。

担当者(担当窓口)につなぎますと伝える表現

I’ll transfer your call to human resource contact.
人事部窓口へお繋ぎします
I’ll transfer your call to promotion officer.
広報責任者へお繋ぎします

担当の責任者が不在でしてと伝える場合

The person in charge is currently out of the office.
ただいま担当者は不在です

担当者に折り返し連絡させますと伝える場合

I’ll ask him(her) to call you back.
担当者から折り返し連絡するよう、お伝え申し上げます

折り返しご連絡差し上げます、と伝える場合、ことさらに「担当の者から」という意味合いの表現を加える必要はありません。訳文ではどうしても「担当」の語を含んでしまいますが、英語のニュアンスはむしろ「その人から」くらいのものです。

「担当」しているのは「何か」が大事

「担当者」を英語で表すと、その管理権限がより詳しく表現されます。それぞれの状況に併せて「何を」担当しているかを意識して、役職名を選びましょう。特に担当者への問い合わせでは、複雑な責任問題の回避にもつながります。

 





WebRTCで無料英会話