【まとめ】英語での数量表現の記事一覧

英語での数量表現に関連してる記事をまとめたよ!

「計算」を英語で意味する単語の種類と使い分け方

英語で「計算する」と表現する場合、いくつかの英単語を意味合いに応じて使い分ける必要があります。単語の種類と、各英単語を使う場面を把握しましょう。

算数・数学の「値」や「計算式」の読み方も把握しておけば、数字や計算式を見聞きしてもひるむことはそうそうなくなるでしょう。

続きを読む

英語圏の長さや重さの単位(ヤード・ポンド)の意味と換算法

長さや重さを示す単位は「メートル法」が今日の国際的な標準です。しかしながら、アメリカやイギリスでは西欧の伝統的な表記体系である「ヤード・ポンド法」も根強く用いられています。

温度も摂氏(℃)ではなく華氏(℉)で表記される場合が多々あります。

互いに異なる単位を使ってのコミュニケーションは、ものすごく疲れます。はじめから換算して表現できるようになっておくと、会話のストレスもずっと少なくなるでしょう。 続きを読む

英語「many men」と「many a man」の意味の違いと使い分け方

形容詞「many」には、many men のようにシンプルに名詞に係る言い方の他に、many a manmany a time のように冠詞を伴って「many a + 名詞(単数形)」という形を取る言い方があります。

日本語に訳して理解を試みるような思考プロセスでは、「many ~」と「many a ~」のニュアンスの違いはどうしても 見落としがちになってしまいます。

many a ~ という表現に出会ったら、少しニュアンスに注意して読み進めてみましょう。

続きを読む

否定疑問文で「many」と「a lot of」を使うときの話し手の意図の違い

521609056

「many」と「a lot of」はどちらも「たくさんの」という意味の形容詞です。日常生活で使う疑問文や否定文には「many」を用いるのが一般的ですが、否定疑問文では話し手が予想している答えに応じて、「many」と「a lot of」の使い分けができます。

続きを読む




WebRTCで無料英会話