TOEIC(R)テストに伸び悩んだらテスト対策も必要

TOEICテストを受験しつつ勉強を進めていくと、それまで順調に伸びていたスコアがぱったりと伸びなくなる「壁」に突き当たることがあります。600点が超えられない、700点台なかばでうろうろしている、というように100点ごとに壁を感じる人が多いようです。

スコアの伸び悩みを突破するための対策として、純粋に英語力の地力を付けることももちろん大事ですが、TOEICテストが一定の形式と傾向を持ったテストであることを意識して、「テスト対策」に取り組むことも重要となります。学習時間はどうしても限られますから、英語能力をカンペキにして結果スコアを伸ばすよりも、スコアを伸ばしてそこから英語をカンペキに近づけるという考え方が必要です。

TOEICテストの試験時間は2時間、問題数は200問あります。時間的にも分量的にも結構ハードな試験です。しかし200問を十分解くには2時間あっても足りなくなります。そのため、あらかじめ試験問題の流れや出題パターンの傾向を把握し、よりスピーディに問題を解く訓練が必要となります。

TOEICテスト対策は「攻略」と呼ばれることが多々あります。参考書は先端を行く研究者の最新の本がベストです。

531981820





WebRTCで無料英会話