TOEIC(R)テストと英語レベルの関係

TOEICテストは英語ネイティブでない人が英語でどのくらいコミュニケーションをとれるかを測定するテストです。英語能力は「スコア」として表示されます。スコアが高ければ高いほど、英語による意思疎通を図ることができるといえます。

TOEICのスコアと実際の英語コミュニケーション能力の関係を概括すると、おおむね以下のような具合となります。
・TOEICスコア600点台:簡単な仕事上の話題を理解できる、相手に配慮してもらえれば道順案内などの説明が理解できる。
・TOEICスコア700点台:ビジネス上の業務連絡を理解できる、業務内容に関する手ほどきを理解できる。
・TOEICスコア800点台:英語で書かれたウェブサイトなどから必要な情報を収集できる、入り組んだ話題が理解できる。
・TOEICスコア900点台:自分の専門分野なら専門書を読んでも十分に理解できる、専門外の時事的な話題も理解できる。
TOEICの運営主体であるETS / 国際ビジネスコミュニケーション協会のウェブサイトでも「スコアの目安」として紹介されていますので、ぜひ参照ください。

331882451





WebRTCで無料英会話