TOEIC(R)テストの「SWテスト」とはどういうテスト?

いわゆる「TOEIC」には、TOEICテスト(公開テスト)の他に「TOEIC SWテスト」というテスト区分があります。

TOEICテスト(公開テスト)はもっとも一般的なテストで、「TOEIC 公開テスト」とも呼ばれますが、単にTOEICテストといえばこの公開テストを指しています。リスニングとリーディングのパートで構成されており、英語を理解する能力を測ることができます。

TOEIC SWテストは、英語のスピーキング・ライティング能力を測るテストです。PCに向かって直接話す形式でスピーキングの能力を測ることができます。試験内容は、写真の描写やあるテーマについての意見を述べるなど多岐に渡ります。ライティングテストでは、写真描写やエッセイの作成を行います。

TOEIC SWテストはTOEICテストを補う形で開発されました。TOEICテストとSWテストを併用することで、リーディング(読み取り)、リスニング(聞き取り)、スピーキング(発話)、ライティング(記述)という言語の4要素で実力を測ることができます。

405094132

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話