英語の「sとthとsh」の発音のコツ

英語の子音の発音は、その多くが日本人の苦手とするところです。特に s  /s/ と sh  /ʃ/ そして th  /θ/ の発音は難所です。

英語の発音はとにかくリスニングとスピーキングの練習を積むことで上達します。練習の前に正しい発音のしかたを身につけ、典型的な単語をしっかり把握しましょう。

英語の発音の種類・特徴・正しい発音の方法

「s」「sh」「th」の発音の基本

s(/s/)の発音

s」の字は基本的には発音記号の /s/ の音に対応する字です。日本語におけるサ行の音、とりわけ「サ・ス・セ・ソ」の音に近い発音です。(「シ」の発音は どちらかというと sh /ʃ/ に近い音です)

s(/s/)は、舌を上の歯の根元あたりに近づけ、その隙間から息を出すような要領でうまく発音できます。

【英語の「正しい発音」の極意】子音 [s] の発音の方法とコツ

名詞の複数形を示す -s の音は /s/ とは限らないので注意

s の字は名詞の複数形を示す接尾辞としても用いられますが、名詞の複数形を示す -s は /s/ と発音する場合の他に /z/ と発音する場合があります。

-s の手前の音(つまり単数形の語末の音)が、声帯の振動を伴わずに発声される「無声音」の場合、-s の発音は /s/ になります。

-s の手前の音が声帯の振動を伴って発される「有声音」の場合、 -s の発音は /z/ になります。

sh (/ʃ/) の発音

「sh」の綴りは発音記号の /ʃ/ に対応します。日本語の「シャ・シュ・ショ」に近い発音と言えます。

sh (/ʃ/)の音は、舌を上の奥歯付近に近づけ、その隙間から息を出す感覚で発音できます。

【英語の「正しい発音」の極意】子音 [ʃ] の発音の方法とコツ

472290472

スシ(寿司)の「シ」は /ʃ/ に近い音

日本語の「シ」の音も半ば /ʃ/ 寄りです。訓令式ローマ字では sa-si-su-se-so で一緒くたですが、ヘボン式ローマ字では sa-shi-su-se-so となることも、シの音の特殊さを示唆しているといえます。

試しに、「寿司」(sushi)あるいは「紫蘇」(shiso)と、あくまで日本語として発音してみましょう。改めて意識してみると、「ス」の音は /s/ 、「シ」の音は /s/ よりはむしろ /ʃ/ に近いことに気づけます。

ただし、日本語の「シ」と英語の「sh」( /ʃ/ )の音は完全に一致するわけではなく、厳密にいえば別物です。《sh  /ʃ/=「日本語のシ」》と理解するよりも、別個の発音として捉えた方が何かと無難です。

th (/θ/) の発音

「th」は /θ/ や /ð/ の発音に対応する表記です。どちらも基本的に日本語にはない発音です。

「th」の綴りを含む英単語をカタカナで表記する場合、大抵はサ行かタ行の字で表記されますが、これはあくまでも便宜的な方法です。

/θ/ の発音は、舌を上の前歯と下の前歯の間に軽く挟むようにし、上の歯との隙間から息を出すようにします。日本人には慣れない舌の動きを強いられ、特に苦戦しがちな音です。

【英語の「正しい発音」の極意】子音 [θ] の発音の方法とコツ
【英語の「正しい発音」の極意】子音 [ð] の発音の方法とコツ

「th」の発音に厳密に対応する日本語は無いといってよいでしょう。あえて言えば「やっすい」というような言い方で促音の直後の「サ・ス・セ・ソ」の音などは /θ/ にほど近いものがあるといえるかもしれません。


s、sh、th の発音の練習に使える単語

発音を練習するには、混同しがちな子音以外の部分の発音が全く同じである二つの単語を並べて、比較する方法が効果的です。

オンライン英語辞書には単語の発音が再生できるサービスも数多くあります。まずはお手本にできる発音を聞き、自分でも声に出してみて、口の形や舌の位置の違いを体に覚えさせましょう。

「s」と「sh」を比較できる単語の組み合わせ

  • sit  /sɪt/(座る)と shit /ʃɪt/(糞)
  • seat /siːt/(座席)と sheet /ʃiːt/(紙きれ)
  • sip  /sɪp/(一口)と ship/ʃɪp/(船)
  • same /seɪm/(同じ)と shame /ʃeɪm/(恥)
  • sell /sel/(売る)と shell /ʃel/(貝殻)
  • sea /siː/(海)、 see  /siː/(見る)、C /siː/ she /ʃi/(彼女)

sea 、 see、C の3語は /siː/ の同音、これに対して she は /ʃi/ の異音です。

「s」と「th」を比較できる単語の組み合わせ

  • mouse /maʊs/(ネズミ)と mouth  /maʊθ/(口)
  • pass /pɑːs/(通る)と path /pɑːθ/(小道)
  • sick /sɪk/(病気)と thick /θɪk/(厚い)
  • sin /sɪn/ (罪)と thin /θɪn/ (薄い)
  • sink /sɪŋk/(沈む)と think /θɪŋk/(考える)
  • sank /sæŋk/(沈んだ)と thank /θæŋk/(感謝する)
  • mass /mæs/(集団)と math /mæθ/(数学)

発音練習に使える早口言葉

2種類の発音を身に着けたら、もっとスムーズに言えるようになるように練習しましょう。発音の混同しがちな単語をたくさん盛り込んだ早口言葉がおすすめです。

英語の「早口言葉」(tongue twister)で発音練習

はじめから早口で言おうとすると変なクセがつきがちです。はじめはゆっくり丁寧に発音するよう心がけ、慣れてきたら徐々に回転を早めていく、という流れで段階的に練習しましょう。

初級編

He threw three free throws. 
(/hi/、 /θruː/、 /θriː/、/friː/、/θrəʊs/)
彼は3回フリースローを投げた

「th」の言い方をとにかく練習したい人向けの早口言葉です。まずは舌の動きや位置をつかみましょう。

Shoes and socks shock Susan.
(/ʃuːz/、 /ənd/、/sɒks/、/ʃɒk/、/ˈsuːzən/)
靴と靴下にスーザンはショック

「s」と「sh」が交互に登場するので、発音を区別する良い練習です。

中級編

She sells seashells by the seashore.
(/ʃi/、 /sɛlz/、 /siʃɛlz /、 /bʌɪ/、/ðə/、/ˈsiːʃɔː/)
彼女は海岸で貝殻を売る
I can think of six thin things, but I can’t think of six thick things.  
(/aɪz/、/kən/、/θɪŋk/、/əv/、/sɪks/、/θɪn/、/θɪŋs/、/bət/、/aɪz/、 /kɑːnt/、/θɪŋk/、/əv/、/sɪks/、/θɪk/、/θɪŋs/)
6つの薄いものは思いつくけれど6つの厚いものは思いつかない

どちらも英語圏において有名な早口言葉です。発音練習者の域を超えて、その発音を実際に文章内で使う練習をしたい人向けと言えるでしょう。

上級編

The sixth sick sheik’s sixth sheep’s sick.  
/ðə/、/sɪksθ/、/sɪk/、/ʃeɪk/、/sɪksθ/、/ʃiːps/、 /sɪk/)
病気の6代目長老の6匹目の羊が病気

「s」、「sh」、「th」、全てを身に着けた人向けの、かなり高度な早口言葉です。英語のネイティブスピーカーにとっても難しいと言われているので、これが難なく発音できたなら、s も th も我が物にしたと言ってしまっても過言ではないでしょう。




WebRTCで無料英会話