【まとめ】履歴書に関する英語表現の記事一覧

履歴書に関する英語表現に関連してる記事をまとめたよ!

履歴書に書けるTOEICスコアの目安は「500点」

TOEIC公開テストの実施機関であるIIBCが2013年に発表した報告書によると、日本の企業のおよそ7割が、TOEICの結果を考慮しています。履歴書にTOEICのスコアを書くことは、避けられないと言えるでしょう。求められるTOEICスコアは企業や、採用形態で異なります。

続きを読む

日本の慣習とは異なる「英文履歴書」の書き方

日本国内では標準的に用いられている「履歴書」の書き方や形式も、海外ではしばしば奇異に映ります。実際、日本の履歴書と英文履歴書(resume)にはいくつかの顕著な違いが見られます。

海外にキャリアを求めるなら、まずは履歴書から。国内外の履歴書の違いをよく把握して、最適な形式で提出できるように備えましょう。

続きを読む

TOEIC(R)テストを受けていないと就活には不利?

TOEICのスコアは就職活動での重要性が高まっています。英語能力を示す指標としてTOEICスコアが中心的に利用されており、募集条件に一定以上のTOEICスコアを挙げている企業も少なくありません。募集の要件に含まれていなくても、TOEICのスコアは英語のアピール材料として多く利用されています。TOEICスコアが標準より高ければ選考でも有利に作用することが期待できます。
続きを読む

TOEIC(R)テスト「IPテスト」のスコアを履歴書に書いてOKか

TOEICの「IPテスト」は、学校などがTOEICテストの主催者として実施する団体受験テスト(プログラム)です。公式なテストとして実施される「公開テスト」とは、試験内容(形式や難易度)は全く同じですが、試験結果(スコア)の発行形態が異なります。公開テストでは「公式認定証」の形で結果が発行され、IPテストでは「スコアレポート」という、より簡易な成績表が発行されます。
続きを読む




WebRTCで無料英会話