【まとめ】TOEICの記事一覧

TOEICに関連してる記事をまとめたよ!

TOEIC(R)テスト試験対策の概要と効率的な英語学習法

ビジネスの場面で英語能力を示し、就活や配属に有利となるTOEIC(R)テスト。グローバル化が叫ばれている中、受験生としても企業としてもTOEICテストを利用するメリット・デメリットや、高得点を取る効率の良い方法は是非とも知っておきたいものです。

続きを読む

TOEICテスト受験に使用する筆記用具を正しく選ぶ

TOEICテストは選択問題をマークシートに記入する回答方式が取られています。マークシートに記入する際に用いる筆記具としてはHBの鉛筆もしくはシャープペンシルが公式に推奨されています。

最近の「消せるボールペン」ではなぜいけないのか?という疑問も起きそうなところですが、HB鉛筆やシャープペンシルが推奨される理由はちゃんとあります。正しく背景を理解し、最適な筆記具で試験に挑みましょう。

続きを読む

TOEICを受験する中学生はどのくらいいるの?

TOEICテストの受験者数は2014年度には260万人を超え、今や英語能力を測る重要な指標となっています。就職活動や、昇進・昇格のために受験する人がいる一方で、小学生・中学生も受験しています。中学生の受験者の割合はTOEICテストを受験する「学生」のわずか0.6%なので、かなり少ないといえるでしょう。

続きを読む

TOEICの「替え玉受験」対策はこんなに厳しい

TOEICテストは企業の就職活動(採用活動)や昇進基準として多く活用されており、学校でも数多く実施されています。TOEICテストの成績次第で進路が変わってくることもある、その意味では重要な試験です。

ぜひ何としても高いスコアを獲得したい。ちょっと小ずるい手を使ってでも……たとえば英語のデキる人に受験してもらうとか。そんな風に思い巡らせたことがある人は少なくないでしょう。

続きを読む

初めてTOEIC(R)テストを受ける人が試験前に確認すべきこと

TOEIC(R)テストで良い結果を出すために必要なことは、英語力だけではありません。TOEIC(R)テストを解くテクニックを身につけるだけで、より高い点数を得ることができます。特にTOEIC(R))テストを初めて受ける人は、前日の準備をするかしないかによって点数が大きく変わるかもしれません。
続きを読む

フィリピンに留学してTOEIC(R)テストを受験する

アジア圏の英語の語学留学先として人気の高いフィリピンなどでは、TOEIC対策に特化した語学学校も開校しており、外国人留学生を主な対象とするTOEIC対策コースを提供しているところがあります。フィリピンに語学留学し、そのまま現地でTOEICテストを受験する、という短期留学プログラムを提供している事業者もあります。
続きを読む

TOEIC(R)テストの認定機関はどこか

TOEICテストはアメリカのETS(Educational Testing Service)が制作しています。採点(スコアの算出)もETSが行っています。テストの運営・実施は、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が行っています。TOEIC公開テストを受けると交付される「公式認定証」は、この国際ビジネスコミュニケーション協会の名のもとに発行されます。
続きを読む

TOEIC(R)テスト「IPテスト」のスコアを履歴書に書いてOKか

TOEICの「IPテスト」は、学校などがTOEICテストの主催者として実施する団体受験テスト(プログラム)です。公式なテストとして実施される「公開テスト」とは、試験内容(形式や難易度)は全く同じですが、試験結果(スコア)の発行形態が異なります。公開テストでは「公式認定証」の形で結果が発行され、IPテストでは「スコアレポート」という、より簡易な成績表が発行されます。
続きを読む



WebRTCで無料英会話