TOEIC(R)テストと「IPテスト」の違い

TOEICには複数種類のテストがあります。いわゆる「TOEICテスト」は、「公開テスト」と「IPテスト」の2形態に分類されます。

TOEIC公開テストは、TOEICの運営主体である国際ビジネスコミュニケーション協会が場所や日時を決めて行う全国統一試験です。他方、IPテストは、学校や企業といった団体が団体申し込みを行い、場所や日時を指定して実施される試験となっています。

公開テストもIPテストも、テストそのものに違いはありません。試験時間も、問題の構成も、回答方式も同じです。テスト上の違いといえば、IPテストの受験環境(場所および他の受験者)が慣れ親しんだものになりやすいといったところでしょう。

公開テストとIPテストの目立った違いは、試験結果の通知形式にあります。公開テストの結果は「公式認定証」という形で発行されますが、、IPテストの結果は「スコアレポート」という、通知表のような形で発行されるようになっています。

433250140

そのため、場合によっては、IPテストの結果(スコアレポート)がTOEICのスコアとして認められないという状況になる可能性も、あり得ます。(めったにないことではありますが)

公開テストとIPテストで試験結果の扱いが異なる理由は、公式には特に説明されていません。しかしながら、IPテストでは当の学校の先生などが試験管を務めるという点や、IPテストでは(新たに試験問題が用意されるわけではなく)過去の公開テストの問題が使用されるという点で、IPテストの公平性の確保が難しいという要因を挙げることができそうです。

就職活動などで能力アピールのために利用するなら、TOEIC公開テストを受験してスコアを残すに超したことはないといえそうです。





WebRTCで無料英会話