履歴書に書けるTOEICスコアの目安は「500点」

TOEIC公開テストの実施機関であるIIBCが2013年に発表した報告書によると、日本の企業のおよそ7割が、TOEICの結果を考慮しています。履歴書にTOEICのスコアを書くことは、避けられないと言えるでしょう。求められるTOEICスコアは企業や、採用形態で異なります。

平均として、新卒採用では500点以上が目安とされています。海外部門がない企業では、最低限のコミュニケーションができるレベルしか求められません。一方海外部門がある企業で必要とされているのは、多くの場合600点以上です。仕事上での外国人とのコミュニケーションが増えるため、ビジネス英語ができるレベルが求められています。また、転職の場合は600点以上が求められます。

また、履歴書にTOEICのスコアを書くときは正式名称で書かなければなりません。TOEICの正しい正式名称は「TOEIC 公開テスト」なので、履歴書に書く際は、

「○○○○年○○月 TOEIC 公開テスト スコア ○○○点 取得」

という形で書くと良いでしょう。

▼参照 「上場企業における英語活用実態調査」報告書

619525892

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話