【まとめ】大人に関する英語表現の記事一覧

大人に関する英語表現に関連してる記事をまとめたよ!

「夜のお菓子」は英語でどう言う?

「夜のお菓子」は言わずと知れた、春華堂の名菓「うなぎパイ」のキャッチフレーズです。これを英語で表現するなら? ― 公式には the night snack と訳されています。

「うなぎパイ」そのものの英語名は Unagipie もしくは Unagipie Pastry 。「ウナギ」は英語の eel は用いず敢えて日本語のまま、かつ「パイ」は pie と正しい英語の綴りを用いているという辺り、工夫が垣間見えます。

続きを読む

「大人の対応」「オトナの趣味」は英語でどう言う?

「大人」は英語では adult と表現できます。adult は名詞としても形容詞としても使えます。とはいえ、あらゆる文脈において日本語の「大人」「大人の」に対応するとも限りません。

日本語で言うところの「大人の対応」「オトナの恋愛」「オトナの趣味」あるいは「大人のおもちゃ」のような表現も、adult で表現できないことはありませんが、より趣旨を明確に示す言い方に置き換えた方が、表現としては適切でしょう。

続きを読む

「大人の塗り絵」は英語でどう言う?

「大人の塗り絵」は英語では例えば adult coloring book あるいは coloring book for adults のように表現できます。

「塗り絵(の本)」は英語では coloring book と呼ばれます。これは固定的な表現といえます。でも「《大人の》塗り絵」という言い方には固定的な表現は特にありません。

「大人の塗り絵」に対応する英語英語としては adult coloring book が最も標準的といえそうです。とはいえ、その他の表現パターンもよく用いられています。

続きを読む

英語が苦手な大人も子供も、英会話DSソフトで意識改革

英語を何とかしたいけど、どうしても苦手意識があっていつまでも始められない。参考書やテキストを目の前にしてもやる気がおきない。そんな状況を打開する手段として、ニンテンドーDS(通称DS)の英会話ソフトを使ってみるのも一案です。

続きを読む

英語学習には「テーマが深い英語の絵本」がオススメ

英語学習を基本から始めるに当たってオススメしたい方法に「英語の絵本を読む」というやり方があります。少々レベルの高い、大人にも読み応えのあるタイプの絵本を特にオススメします。

絵本は、もともと子供向けに書かれたものですから、平易で読みやすい英語が使われています。挿絵も物語の理解を助けてくれます。文は短く、声に出して楽しく読めるように工夫されています。さらに、学校の英語の授業には登場しないような日常的フレーズにも多く出会えます。

絵本の中には、大人も考えさせられるような深遠な内容の絵本も沢山あります。内容が深いだけに他の絵本と比べると英語のレベルは少しだけ高めですが、それでも十分に平易な文章です。絵本の内容をじっくり吟味しながら英語に親しんでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

【英語】動詞「wonder」は少し大人な会話の決め手

動詞wonderには、「不思議がる」「驚く」といった意味に加えて「思案する」「知りたく思う」といった意味があります。「~かな」「~かどうかと思う」と訳されます。

wonderは少しクセのある語で、扱いにくい側面もありますが、英会話の中で微妙なニュアンスを出したい場合に重宝します。使いこなせればきっと英語の表現力が一段階上達できたと実感できるはずです。
続きを読む





WebRTCで無料英会話