TOEIC(R)テストの団体受験とは?

TOEICテストで「団体受験」という場合、「団体特別受験制度(IPテスト)」と「公開テスト団体一括受験申込」という2通りの方式がどちらも該当します。

「団体特別受験制度(IPテスト)」は企業や団体、学校などの組織がテストの実施主体となってTOEICテストを実施できる制度です。日程や会場を任意に指定することができる点が大きな特徴となっています。公開テストに比べて、受験料も安く、試験結果も早く返ってきます。ただし、「公式認定証」は発行されません。

公開テスト団体一括受験申込は、企業・団体・学校といった単位でTOEIC公開テストの申し込みを行うことができる制度です。個人個人の申し込み手続きを省いて一括で申し込みを行うことが可能です。試験は公開テストであるため「公式認定証」も発行されます。団体受験の受験者すべてが同じ試験会場で受験できるかどうか、という点は、保証されていません。

50688307

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話