TOEIC(R)テストで900点を取る人の勉強法5選

TOEIC公開テストで900点を取得するためには、基本的な英語の知識はもちろん、高レベルの聞き取りや読解の能力が求められます。英語を使える環境を作り、英語に触れる習慣をつけることで、TOEIC900点達成に近づくことができるでしょう。

TOEICでスコアアップして900点を達成する人の勉強法には、以下のような例が挙げられます。

▼ 英語話者の友達や英会話の相手を作る

英会話の機会を作ることで、基本的な単語を繰り返し使うことができ、英語の基礎力がアップします。何度も話したり聞いたりした英語は、忘れにくくなります。新しく知った英単語やフレーズでも、実際に使うことで着実に身につくでしょう。

また、雑音の多い店や道で英会話をする機会があれば、相手の英語を聞き取る練習ができ、リスニング力が鍛えられます。

▼ 語源に興味を持って調べる

英語の語源を知ることで、語彙力が格段にアップします。例えば、「distinguishable」(区別できる)という単語の語源は、「dis-」(別々に)、「stinguere」(刺す)「-able」(ことができる)という3つの部分に分けることができます。

語源の知識を増やすことで、より多くの派生語を理解できます。さらに、見たことのない単語の意味も推測できるようになります。

以下のサイトのような、ウェブ上の語源辞書が便利です。

参照:Online Etymology Dictionary

419626660

▼ 英英辞典を使う

英英辞典を使うことで、日本語を介さずに英語を理解する練習ができます。また、日本語では表しにくい英単語のニュアンスを把握することができます。

以下のサイトでは、英単語の解説に加え、お決まりのフレーズや、似た単語との用法の違いなども知ることができます。

参照:Oxford Dictionaries

▼ 英語で他の言語を学ぶ

英語を使って他の言語を学ぶことで、英語をより深く理解することができます。英語を読む習慣がつくだけでなく、英語と他の言語の比較を通して学べることも多いでしょう。

例えば、ドイツ語やフランス語、スペイン語などは、英単語と似た単語を多く含んでいます。似た単語をもつ言語を学ぶことで、英語の語彙力を増やすきっかけになるでしょう。

また、英文法と比較しながら学ぶことで、他の言語の文法を理解しやすくなります。また、英文法を再確認することもできるため、英語で他の言語を学ぶメリットは大きいといえます。

▼ TOEICの試験に慣れる

TOEICの試験で高得点を狙う場合、TOEICの試験形式を把握することが重要です。時間配分や読解テクニックを身につけておけば、本番で緊張せず、効果的に実力を発揮できるでしょう。

TOEICの過去問演習を繰り返し、TOEICに頻出するビジネス単語や、フォーマルなテーマの長文などに慣れ、出題傾向を把握しておくとよいでしょう。

なるべく英語を使う習慣をつけ、着実に知識を身につけていくことができれば、TOEIC公開テストで900点を達成することができるでしょう。苦手分野を理解し、自分に合った勉強法を心がけることで、さらに効率的にスコアアップが狙えます。





WebRTCで無料英会話