TOEIC(R)テストで800点を取るための最も効率的な方法は、英語の基礎を完璧にすること

TOEIC公開テストで800点を目指す場合、英語の基礎力が大切です。基本的な英語の知識を確実に身につけることができれば、失点を抑えることができ、800点の取得が可能になります。

また、TOEIC公開テストでは、主に英語を聞く力と読む力が問われます。そのため、必ずしも流暢な英語を話す練習する必要はありません。英語をあまり話せなくても、聞く力と読む力を伸ばすための的を絞った学習により、TOEICスコア800は取得可能です。

「リスニング」「語彙」「文法」「長文読解」「過去問演習」といったポイントに焦点を当て、苦手分野を徹底的に学習し、問題演習を繰り返すことで、TOEIC800点取得に必要な「英語の基礎」を習得することができます。

594259283

▼ 「リスニング」は英文を理解することが大事

TOEICのリスニングで確実に点数を取るためには、聞いて意味が理解できる英文を増やすことが重要です。意味を理解せずに英語を聞き流しても、英語に慣れることはできますが、問題を解く力はつきません。

リスニング対策用の教材は、英文を聞いて意味を確認できるよう、テキストが用意されているものを選びましょう。テキストを見ることで、発音や単語同士のつながりがわかりにくい箇所も理解することができます。

例えば、「an apple」(りんご)は「アン・アップル」ではなく「アナポゥ」というように、単語同士がつながって発音されます。実際の発音や言葉のつながりを把握できるように、なるべく多くの英文を理解しながら聞くよう心がけましょう。

日常生活においても、英語を理解しながら聞く習慣をつけるために、スローテンポな洋楽を聞くよう工夫をしてもよいでしょう。

▼ 「語彙」はまず単語帳1冊に集中

学習する単語帳は1冊に絞りましょう。2冊以上の単語帳を同時に浅くこなすよりも、1冊の単語帳を徹底的に暗記することで、確実な知識を身につけられます。

具体的には、1冊の単語帳を、単語を見ただけで例文が思い浮かぶレベルまで暗記するとベストです。例文を暗記することで、例文中に出てくる他の単語を学ぶこともできますし、それぞれ単語が文中でどのように使われるのかを知ることもできます。

また、単語帳にCDがついている場合、リスニング対策も兼ねた単語学習ができます。CDの英文を聞いてすっきり意味が理解できるようにすることで、単語の知識も習得できます。

余裕があれば、派生語まで完璧に覚えてしまいましょう。まずは1冊の単語帳を完璧にマスターすることで、着実なステップアップが可能です。

▼ 「文法」は問題集を1冊完璧にこなす

文法に関しては、英文法を網羅した問題集を1冊用意することをおすすめします。間違った問題には印をつけておき、繰り返し定期的に解くことで、各文法事項の定着を図りましょう。

何度問題を解いても間違える苦手分野がある場合は、優先的に解き直しを行いましょう。知識が定着したら、仕上げとして文法書の全ての問題を解き直しましょう。

▼ 「長文読解」は量をこなす

長文読解は、文法事項や単語力の確認になるだけでなく、新しい知識を得る良い機会にもなります。単語や文法を完璧に学んでも、長文読解では理解できない文章に出会うことがあるでしょう。長文読解は数をこなし、分からない単語や文法事項を調べ上げることで、知識を増やしましょう。

また、既に読んだ長文を定期的に読み直し、全文が理解できるかを確認するとよいでしょう。音読は必須ではありませんが、正確な発音で音読を行うことで、聞く力の向上が期待できます。正確に発音できる単語であれば、聞いたときに容易に理解できるでしょう。

▼ 仕上げの過去問演習

TOEICの試験の問題形式に慣れ、時間配分を把握することで、スコアアップを図ることができます。

参照:TOEIC(R) テスト 過去問題一覧 - @IT自分戦略研究所

上記ウェブサイトのようにTOEICの過去問を載せているサイトを探すか、公式問題集を購入し、TOEICの試験問題に慣れておきましょう。TOEICの試験形式への対応力は、TOEICで800点を取るために必要な基礎力と言えるでしょう。

TOEIC公開テストで800点を取得するためには、英語の基礎を着実に身につけると効率的です。また、試験前日や直前まで対策をぬかりなく行うことで、大幅なスコアアップが図れます。TOEICの試験対策で身につけた基礎力を生かせば、話す力や書く力も格段に向上するでしょう。





WebRTCで無料英会話