Tag Archives: テストの難易度

新しいTOEIC対策で必要なのは「現代の英語」

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)より新問題形式のTOEICが始まります。更新されて「時代の英語」により適した内容となったTOEICは、これまでの受験者の目には異色に映るかもしれません。 しかし実際に変化が見られるのは難易度ではなく、受験者の英語のトレンディーさであるようです。 続きを読む

TOEIC(R)テスト「スコア900」という数字の根拠は

TOEICテストのスコアと実際的な英語能力との関係は、多くの場合「英語資格試験難易度相関表」( http://www.tek.co.jp/OGAWA/chart.html )のような表が参考にされています。「スコア470点」や「スコア730点」といった数字も、この「相関表」が元になっている場合が多いと言えます(※公式資料にも登場しますが)。
続きを読む

TOEIC(R)テスト「スコア470」という数字の意味

TOEICテストで目指すスコアとしては「470点」や「730点」といった意味ありげな数字がたびたび登場します。この数字はETSが公表している「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表」などに登場します。( http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data.html )
続きを読む

TOEIC(R)テストの語彙数と語彙レベル

文章を理解するには、まず文中の言葉(の大半)の意味を理解している必要があります。語学学習ではこの「語彙力を増やす」という点が要素が欠かせません。TOEICテストでも、単語やイディオムをどのくらい身につけているか、がスコアを大きく左右する要因となってきます。
続きを読む

TOEIC(R)テストの配点

TOEICのテストの配点は、たとえば「1問正答につき5点」というような固定された配点形式ではありません。試験(受験者)全体の正答数・正答率を統計学的に算出して「スコア」に換算するという採点方法によって配点は流動的になっています。そのため、「どの問題が一番得点が高いか」「どの部分が効率よく得点が稼げるか」という攻略法はあまり有効とはいえません。
続きを読む




WebRTCで無料英会話