【まとめ】英文法の記事一覧

英文法に関連してる記事をまとめたよ!

TOEIC(R)テスト対策「副詞と形容詞の違い」の重要性

英語の「副詞」と「形容詞」、および名詞や動詞といった、品詞の違いを正しく区別することは、TOEICテスト対策のテクニックとして重要となります。というのも、リーディングセクションのパート5で出題される穴埋め問題の中で、品詞の区別がカギとなる問題が出題されており、語順や語形から品詞を判別できると英文の意味を考えずに回答できてしまう場合があるためです。
続きを読む

「Let’s eat Grandma!」はどういう意味?英作文での「カンマ(,)」の大切さが分かる英文3選

文章をどこで区切るのかということは、作文をする上でとても大切です。例えば「彼女は、話しながら笑う彼を見つめた」という文と「彼女は話しながら、笑う彼を見つめた」という文では読点(、)の位置が違うだけですが、意味が変わります。

続きを読む

「go home」「go to home」「go to house」はどれが正しい?

「家に帰る」と英語で言いたいときは、「go home」といいます。よくある間違いとして、「go to home」と言ってしまいがちですが、「to」をつけない方が正しい英語表現です。

また、「home」似たような単語に「house」がありますが、「家に帰る」という意味では「go to house」とは言わず、「go home」といいます。

続きを読む

「What do you think?」と「How do you think?」の違いとは?「what」と「how」の使い分け方

英会話の中で「どう思いますか?」と相手に聞きたいときは、「What do you think?」と問いかければ伝わります。直訳すれば「あなたは何を考えますか?」のようになるでしょうか。

「What do you think?」と混同しがちなフレーズに「How do you think?」があります。「what」と「how」が違うだけですが、1語違いは大違いです。

「What do you think?」と「How do you think?」の違いを理解するためには、まず「what」と「how」の性質を理解しなくてはなりません。両者の違いを理解すればおのずと両表現を使いこなせます。

続きを読む

映画の名言から学ぶ英語フレーズ7選

映画のセリフやキャッチコピーには、人の心を揺さぶる「名言」が数多くあります。印象的なフレーズを印象的な情景(シーン)とともに見聞きすることで、英語フレーズはぐっと記憶に留まりやすくなります。

映画に登場するフレーズは、映画のテーマ、時代、主人公の職業や性格や人間関係などによっても違ってきます。そうしたさまざまな表現の使いどころを、映画では視覚的にどういうシチュエーションかを理解しながら学ぶことができます。

続きを読む

英語の自然な表現を身につける「コロケーション」学習

コロケーションcollocation)とは、言葉の中で慣用的に併用される定番の組み合わせです。コロケーション単位で言い回しを身につけられると、違和感のない自然な表現、こなれた表現、流暢な表現をモノにできます。

コロケーションに含まれる範囲は広く、take place のように熟語・連語として扱われる例もあれば、watch TV のように熟語とは言いにくい例も含みます。

日々の英語学習の中でコロケーションを意識しながら英語の文章に接してみましょう。感覚的に自然な表現が選択できるようになったなら、それはネイティブ並みの言語感覚を身につけた英語上級者の証です。

続きを読む




WebRTCで無料英会話