【まとめ】買い物の記事一覧

買い物に関連してる記事をまとめたよ!

「お取り寄せ」は英語でどう言う?

いわゆる「お取り寄せ」に対応する英語表現は大抵 order です。《取り寄せる》よりもむしろ《在庫がないので注文する》のだと考えれば、order で十分に表現できると納得できます。

日本語表現の「お取り寄せ」が醸す特別感につられて「英語でも何か特別な表現があるはず」という先入観を持ってしまうと、徒労を強いられることになります。

back order(バックオーダー)はソコソコ特別な「お取り寄せ」感の漂う表現ではあります。ただし back order は「在庫切れ」を指す意味合いが中心です。文脈に応じて上手く使い分けましょう。

続きを読む

「お土産」(おみやげ)は英語でどう言う?

おみやげ(お土産)は英語では souvenir 、keepsake 、memento のような語で表現できます。この3語はどれも「記念品」や「思い出の品」といったニュアンスが濃厚です。相手への贈り物というニュアンスの方が強い意味合いなら present (プレゼント)と表現してしまった方がよい場合も多いでしょう。

お土産は、ちょっとした小物でも、旅先あるいは来し方の文化が垣間見えて興味深く映るものです。旅の話の格好の手がかりになってくれます。

続きを読む

「これにする」「これに決めた」と英語で表現する言い方

いくつかの選択肢からひとつ選んで「これにする」とか「これに決めた」と意思表示する場合、英語では takehave あるいは go (with)といった基礎的な動詞を使ってうまく表現できます。

選択して決定する際のフレーズと考えると、 choose (選択)や  decide (決定)のような語を思い浮かべがちですが、選択・決定の意思を述べる場合「私はこれを選択した」とは言わないものです。

続きを読む

「安い」(廉価・お値打ち)と英語で表現する言い方

英語で「価格が安い」と表現する言い方は、単語だけでもいろいろあります。お得、お手頃、安物、等々、安さのニュアンスを一言で言い分けられます。

英語で「安い」と表現する言い方というと、まずはチープ(cheap)あたりが思い浮かびますが、cheap は「安物」「安っぽい物」のニュアンスを多分に含むので要注意です。最適な表現を使えるようになりましょう。
続きを読む

英語でオンラインショッピング、「問い合わせ」のための英語フレーズ

商品の注文や受け取りでは、トラブルを防ぐために様々な「問い合わせ」が注文者と発送者の間で行われます。もちろん、海外からの発送でも自分の商品に関する問い合わせが必要なこともあるでしょう。

世界中で買い物が楽しめるように、商品の注文と受け取り前後でそれぞれ使える英語表現を知っておきましょう。

続きを読む

英語で言い分けるカバン(鞄)の種類、ビニ袋、手提げ、ハンドバッグ

英語で「カバン」(鞄)を何といいますか、と問われたなら、まずは bag が思い浮かぶでしょう。日本語の「カバン」に該当する道具の大半が英語で bag と表現できます。ちなみに、 bag は印欧祖語で「荷を積む(load)」という意味の単語を語源としています。

しかしながらカバンにも色々種類があり、用途や形や素材などによってその名称も変わってきます。カバンはカバンでも、「スーツケース」や「リュックサック」といった細かい区分を指す場合には、表現を使い分けてやる必要があります。

続きを読む

買い物で「これください」は英語でどう言う?

買い物で店員さんに「これをください」と伝える場合、英語でどう表現するか? 「ください」という日本語から英語の訳語を探そうという発想では中々うまい英語が見つからないかもしれません。

購入の意思を示す表現は複数の言い方があり、場面やニュアンスに応じて使い分けられます。どの表現も簡単で平易な表現です。それだけに日本語からの英訳では思い至れない言い回しです。

ひととおり英語フレーズをそのまま憶えてしまいましょう。

続きを読む



WebRTCで無料英会話