TOEIC(R)テストとTOEIC Bridge(R)のスコア換算方法

「TOEIC」と名の付くテストにはいくつかの種類があります。「TOEICテスト」はその代表格ですが、他に「TOEIC Bridge」などのテストも実施されています。

TOEIC Bridgeは初学者向けのテストと位置づけられており、比較的やさしく身近な基礎英語を中心に扱うテストとなっています。英語としては初級・中級レベル、主な対象は中学生や高校生となっています。TOEICテストのスコアは10点から990点の幅の中で評価されますが、TOEIC Bridgeは20点から180点の幅で評価されます。

519514507

TOEICの運営主体であるETSが2006年に公開した、両テストの受験者の実績をもとに推定したスコアの換算表では、以下のような対応関係となっています。
・TOEIC Bridge 100点:TOEICテスト 260点
・TOEIC Bridge 130点:TOEICテスト 345点
・TOEIC Bridge 150点:TOEICテスト 470点
・TOEIC Bridge 160点:TOEICテスト 570点

ETSでは、TOEIC Bridgeで150点を突破するレベルの人にはTOEICテストの受験を推奨する、としています。

ちなみに、TOEIC Bridge 150点はおおむね英語検定2級相当、TOEIC Bridge 160点台で英語検定準1級相当にほぼ換算できるようです。





WebRTCで無料英会話