履歴書にTOEIC(R)テストのスコアを書く場合はテスト名の表記に注意

就職活動などでは履歴書にTOEICテストのスコアを書くことが普通になってきています。有力なアピールとなりますので、スコアがあれば履歴書に書いてしまいましょう。

TOEICテストでは学校や企業といった団体ごとにテストを実施することが可能です。これは通常のTOEICテストと区別して「IPテスト」と呼ばれています。「IP」はInstitutional Programの略です。

履歴書などにスコアを書く場合、テスト名を単に「TOEIC」と書いてしまうと、「TOEIC公開テスト」なのか「TOEIC IPテスト」なのか、はたまた「TOEIC Bridge」なのか区別がつかなくなってしまいます。基本的には公開テストもIPテストも能力評価の効力は同じであり、違いが問われるケースは稀なので、省略して「TOEIC」と書いてしまっても問題になるケースは少ないでしょうが、履歴書に記述する以上はできるだけ正式な名称で記述することをお勧めします。

557082307

TOEICテストの結果(スコア)が、試験日の翌月に発表された場合、「資格取得年月」を試験実施月にするべきかスコア発表月にするべきかで悩みます。求人募集の要領として特に指定されていなければ、どちらの年月で書いても問題になることはありません。取得時期が月単位でシビアに判定され、それが選考に影響する場合はまずないと考えてよいでしょう。ただし募集側から書き方に指定がないかは事前に確認しておきましょう。





WebRTCで無料英会話